スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


納豆ダイエット捏造
2007.01.21(Sun)
関西テレビ系「あるある大事典」は大変なウソを
放送していた。
放送直後に納豆を買い求める人が急激に増えたというのに。
業者の嬉しい悲鳴もこれで一段落といったところだろう。


このところテレビを観ていると健康系と占い系が
増えたことに気が付く。
どちらにも共通するのが「怪しさ」「不確かさ」だ。
時代がこういうものを求めているとしたら何なのか。
それを食い物にして視聴率第一主義に陥っている
放送業界やスポンサーは重罪である。
こういう番組が重宝される国民の心理状況が
気になるのだ。


現代人は漠然とした不安を抱えている。
難しい政治経済には興味が無い。
だから不安を取り除いてくれる健康番組や
生活情報番組がもてはやされるのだろうか。
まだまだ死にたくない。
しかし亡くなったとしても輪廻転生で生き返ることが
できると感じる人が増えているらしい。
だから自分の前世や来世をズバッと言ってくれる
怪しい占い師やスピリチュアルカウンセラーなどが
流行るのだろう。
なんとも不気味な視聴者心理なのだ。


視聴者を煽って数字が取れれば平気でガセ情報を流す
健康番組をどうして信用できるのか。
しかし多くの視聴者はまだまだ不安な社会を
生きていかねばならないから同種の番組を
観つづけるに違いない。
疑うことを知らなければこれからもテレビに
何回騙されるかわからない。
未だにテレビや新聞は全て正しいという
盲目的お人好しが大多数だからこのような
視聴者をバカにした番組が人気を博するのだ。
視聴者もテレビ局もメディアリテラシーを養いましょう。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。