スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.01.16(Tue)
不二家問題は社長の辞任に発展した。
それにしても、である。
この数日のマスコミの報道の変質さは不気味だ。
全てが結論ありきの特定の方向からの徹底批判のみで
自らが風評被害を作り出しているという自覚は
ないのだろうか。
いや、むしろ自分達が大きく騒ぎ立てることによって
ニュースを作ろうという意図が多分にあるのかも
しれない。


シュークリームだけでなく他のお菓子類も
大手量販店から姿を消したというニュースを
嬉々として垂れ流している。
なぜ?なんのため?
火に油を注ぐのがマスコミの役割?
事実を客観的に報道しさえすれば良いわけで
困っている企業をさらにどん底に追い込もうと
いうような報道姿勢が必要だととても思えない。
それが正義だと思っているのなら勘違いも甚だしい。


数日前にも書いたけれど、
「食の安全」「コンプライアンス」って最強の
キーワードなのか?
ならばマスコミ関係の犯罪者を庇うような報道を
なぜするのだ。
スポンサー企業の犯罪を追及しないのはなぜなのだ。
こんなことを言うと不謹慎だが世の中の
食品産業の全てが完璧に法令遵守や製品基準を
満たした状態での出荷ができているわけがない。
現場の判断で賞味期限切れの材料を使うなんて
珍しいことではないだろう。
それを名の通った老舗企業から出たニュースだからと
そこまで批判する権利がマスコミにあるのか。
全くもって理解できない。


不二家が行った行為は多くの消費者からは
批判されて然るべきだろう。
事実の解明、再発防止に徹底して取り組んでもらいたい。
それと風評被害をわざと拡大させるような
報道姿勢は相反する行為だ。
今の報道はイジメっ子が格好の標的を見つけて
理性を失って暴力行為に至っているような
精神的ハイな状態と変わらないのではないか。
冷静に事実を伝えてくれさえすればよし。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。