スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.01.11(Thu)
ホワイトカラーエグゼンプション(以下WE)の
労働時間規制対象外となる目安を年収900万円以上に
する厚生労働省方針が出た。
900万とはリアルな数字だ。
世間の一般サラリーマンでは間違い無く高給取りの
部類に入る層だろう。
しかし全く非現実的な金持ち層というわけでもない。
猫も歩けば・・・というほど世の中に沢山いるわけでは
ないけれど、大手企業の上層部にはゴロゴロいる所得層だ。


呆れてしまうのは経団連などの使用者側団体は
年収400万円以上をラインとすべきと主張していたことだ。
400万なんて平凡なサラリーマンならかなりの大多数が
含まれるラインではないだろうか。
それは避けられてよかったのだが。
だがWEは問題がありすぎるだろう。


まず労働時間制約の壁を取っ払ってより自由な勤務形態を
認めるためという大上段からの触れ込みは一見聞こえよい。
しかし現実の労働者の中に自分の時間を全て自分で
管理してフレキシブルな労働をできるなんて人が
どれだけいるのだろうか。
アポイントを取ってお客を訪問したり、
逆に訪問を受けたり、会議や打ち合わせが決まっていたりで
多くの労働者の勤務スケジュールは自分の意思ではなくて
上司やクライアントなど外的要因によって決められて
いるのではないだろうか。
今日は10時間働いたから明日は夕方から2時間だけ、
なんて羨ましい時間の使い方をできる労働者が日本の
サラリーマン社会にどれだけ存在するのか甚だ疑問だ。
従来通りの勤務パターンで残業という概念だけが
なくなって使用者はニンマリ、労働者は地獄を見るという
残念な絵しか思い浮かばないのだが。


思うにこういう制度を本気で進めようという連中は
サラリーマンを経験したことがないから労働者の
虐げられた実態を全く知らないのではないか。
未来を約束された2世3世の政治家や経営者には
想像が及ばない世界なのかもしれない。
きっとそういう人達にとってサラリーマン社会は
「あちら」の世界のことであって「こちら」とは
関係がないから、取り合えず法律でもって
縛りつけようという愚行を愚行とも思わないのだ。
どれだけ労働者が反対の声を張り上げても届かない。
「こちら」の住人は「あちら」の住人には何を
しても構わないと思い込んでいるのだから。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。