スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


堀江被告に求刑4年
2006.12.22(Fri)
堀江被告に求刑4年が下った。
これは妥当なのだろうか。
判決の要旨を見ていると、
被告に反省の様子が見られないなど
公判中の被告の言動・態度が
大きな評価となったことが
伺いしれる。


やはり企業のトップの人間が
仮に部下が勝手に暴走をした、
はめられていたとしても
知らぬ存ぜぬでは済まない。
そもそも知らないわけは
ないのだが。
かつて蜜月の関係でタッグを
組んでいた堀江と宮内の
罪の擦り付け合いは滑稽だ。
あまりにも無様。


何となくだけどこれ以上
争っても何も出て来ない
ような気がする。
もう堀江と宮内がしっかりと
罪を償えばいいじゃないかと。
検察はこれを糸口にライブドアと
自民党との関係、そして政治家の
闇を取り締まるという意図が
あったから「国策逮捕」を
したのだと思う。
ライブドアや村上ファンドだけの
問題を暴きたいのではないのだ。


しかし思惑は外れたのだろうか。
関係者の逮捕後に新たな事実も
なければ政界とのパイプも何も
確たるものが出て来ない。
ならばこの逮捕劇は何だったの
だろうか。
目立ちすぎると叩かれるという
教訓を我々は得る事ができたけど。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。