スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.20(Wed)
青島幸男さんがお亡くなりになった。
岸田今日子さんもお亡くなりになった。
両者ともに古きよき個性派テレビ人といった
印象が強い。
寂しい限りだ。
ご冥福をお祈りしたい。


青島さんの後を継いだ人といえば
東京都知事の石原慎太郎氏。
このところ激しい非難に晒されている。
明らかに身から出た錆びだ。
共産党はこういう細かい指摘を
するような仕事がつくづく得意だと思う。


大阪市には市民オンブズパーソン組織の
「見張り番」という組織があって
ここ数年の市の無駄使いをかなり
暴いて住民監査請求を行ってきた。
東京も市民が頑張ればもっと
石原都政の怪しい部分が出て来ると思う。


FNS系「スタ☆メン」に石原氏が
出演していてレギュラー陣から総攻撃を
浴びていた。
しかしまるで要領を得ないノラリクラリとした
歯切れの悪い答え方しかしていなかった。
謝らないキャラなのはわかっているけれど、
出張費の高額さなど明らかに今後は修正できる
ことなのだから一言改めると言えばいいのに。
あの苦しい弁明を聞いていると疑惑の
数々は本当なのだろう。
はっきりと否定する言葉も出なかった。


もともと石原氏は好きではない。
やはり冷静に見ても石原氏は極右に
分類されても仕方ない人物だ。
極端に偏った思想の持ち主に首都の知事を
任せたいと私は思わない。
それといわゆる芸術家の思考回路は
政治向きではないと思う。
頭の成り立ちが違うのだから仕方ない。


これで3選は厳しくなるだろうか。
いまいち都民の声が聞こえてこないのが
前から気になっている。
単に有名人だから石原氏に票を投じて
きたのだろうか。
どのような政治思想かも実際にどんな
都政が行われているのかも知らないのでは
ないだろうか。
こういう目立つ疑惑が起こっても
有名人のやることだから仕方ないね?と
割り切れるのだろうか。
何となく都民の姿が見えづらい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。