スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


硫黄島ブーム?
2006.12.18(Mon)
クリント・イーストウッド監督の
硫黄島2部作が人気だそうだ。
私は観ていないけど。
このところの映画のヒット傾向を
観ると、歴史物が多くて
戦闘を経て生還を図るような
作風の作品が多いと思う。


一流のハリウッド監督が様々な史料にあたり
証言を集め、渡辺謙や日本側スタッフの
助言を取り入れながら作った作品ということで
特筆すべき点は多いと思う。
また世間の評判を聞いていると
変に戦争を美化したりドラマを作りすぎておらず
米軍の史観のみで組み立てた作品でも
ないので楽しめるようだ。


そこで困ったバカが出て来る。
小笠原観光協会などに硫黄島を
見学したいがどのように行けば
よいかといった問い合わせが
多数寄せられているらしい。
常識で一般人が立ち入れない
ことくらいは知っているだろう。
協会や役場の人もいい迷惑に違いない。
情けないやら何やら。

いくら自分の国の歴史を学ばない
国民といってもバカすぎると思う。
この人達は映画を観てもおそらく
作品が訴えたいことなど何も
読み取る気がないような連中だろう。
単に新しい観光スポットが見つかって
良かった?程度の感想しか持てないのだろう。
ちょっとは自分で調べようという
気にはならないのかと思う。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。