スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.17(Sun)
やりきれない事件が多い。
大阪で認知症の妻が鉄道自殺、
翌日にはパーキンソン病を
患う夫が後追いして水死。


妻は以前にも何度か自殺を
図ったことがあるという。
親戚など相談できる人は
いなかったのだろうか。
近所に気にかけてくれる人は
いなかったのだろうか。
行政はこのような生活に困った
老人夫婦に何らのアクセスを
しようとしなかったのだろうか。
悲しい事件だ。


今年は渡辺謙の映画がヒットして
認知症に対する世間の関心が
非常に高まった年になった。
やはりこういう悲劇が出るのは
患った本人にしかわからない
苦労や悲しみがあるのだろう。
しかしそれを救うのは行政や
医療の仕事である。
やはりそれ以上に近所付き合いというか
困り果てた時に相談できる仲間が
いるといないでは随分と違うと思う。


夫も帰宅しない妻を思うあまりに
思いつめたのだろう。
しかし自殺という殺人行為を
正当化したり賛美するわけには
いかない。
こういうニュースを見聞きした
病で苦しむ方にはどうか頑張って
生き抜いてほしい。
やはり怖いのは中学生のように
自殺の連鎖が起こることだ。
ちょっと緊張の糸が切れれば
思いつめてしまう予備軍が
たくさんいるように思う。
介護疲れや病との戦いに疲れた人が
何万人いるかはわからない。
しかし間違っても自殺で楽になろう
などという愚劣な発想は持たないで
いただきたいものだ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

石原真理子の『ふぞろいな秘密』
藤原紀香の結婚
サトエリと海老蔵
若槻千夏の休養のワケ
夏川純と美容師のその後
などなど…芸能界の噂と真実を書き綴ってます

http://baiagla.blog49.fc2.com/
2006/12/17(日) 18:06:14 | URL | 0 #-[ 編集]
コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。