スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウィニー判決
2006.12.14(Thu)
昨日はウィニーの判決が出た。
この判決をどのように受け取る
べきだろうか。
私は残念な結果になったと思う。


著作権法違反の幇助。
幇助というならば他の共有ソフトも
録音録画機器、コピー機器すべてが
幇助に当たるのではないだろうか。
レンタルビデオ屋だってそうだ。
JASRACを中心とした
昨今の強烈な著作権保護運動の
流れを充分に汲んだ判決と言える。
金子氏は気の毒だ。


最も人気のあるソフトだから
やり玉に挙げられたとしか思えない。
近頃はライブドア事件や村上ファンド事件で
国策逮捕などと呼ばれる逮捕劇が
多いが、これもその一つに入れても
いいと思う。
国策逮捕はある意味で今年の
隠れ流行語になってしまった。


こういう有罪判決を出してしまうと、
他の技術者の活動意欲を削ぐ事に
なるし、ただでさえ遅れぎみな
日本のIT分野の発展がますます
遅れてしまうのではないだろうか。
後進への影響が心配だ。


結局は画期的な判決が出るわけでなく
新たな解釈、方向性が示されたわけでなく
なんだか中身の無い判決になった。
司法のITに対する理解度も
高めなければ有効な判決は
出ないだろう。
類似の裁判はこれからもきっと起こる。
次こそは判決結果その内容も
この分野での新たな展開を示せるものが
出ると期待したい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。