スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


躾がなっとらん
2006.12.10(Sun)
Jリーグの入れ替え戦は神戸の昇格で
幕を閉じた。
それにしてもここ数年昇降格争いに登場するチームは
神戸、福岡、京都、C大阪あたりで
固定され始めている気がする。
ルール通りの結果だから仕方ないが、
もはや常習犯と言える体たらくぶりの
福岡や京都は何とかならないのだろうか。
かつての浦和のようにJリーグのお荷物と
言われても仕方ないのではなかろうか。


図書館に行くと当たり前だけど
子供も来ているわけである。
子供はジッとしていられないし、
図書館なんて退屈なのだろう。
走り回ったり、ギャーギャーと
声を上げたりと。
それを引率する保護者が注意するのかと
思いきや放たらかしですな。
もう図書館か保育所かわからない
くらい騒がしい時があるわけ。


本当に最近の親は親としての
最低限の躾も教育もできていないと思う。
高校生や大学生でも公共の場所で
大声で話したり騒いでる奴が
ザラにいるわけですよ。
本当に親の顔が見てみたいとは
このことだ。
TPOとは上手い事言ったもので
その場その場に合わせた態度と
いうのが取れなければならない。
それを幼少期に躾るのは
親の仕事なのだ。
学校じゃなくて家庭の躾。


どんな子育てをしてやがるのだって
思わせる親が多い。
これからそういう公衆マナーのような
躾は日本から消えていくのだろうか。
今の子供達が親になる頃には
どのような家庭生活が行われるの
だろうか。
あまり明るい未来が見えないのだが。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。