スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消えない不安と疑惑
2006.05.13(Sat)
ジーコジャパン国内最終戦である、
スコットランド戦は0?0で終了しました。
自国開催の大会で勝ち点1の最下位で終わり。


まずは試合から。
攻めに関しては前試合よりは
リズムが出ていました。
ただ、それだけでしたね。
得点の匂いは全くしませんでした。
とりあえず打てよ!ってこんなこと
加茂ジャパンの時からずっと
言われてますけど。


守りに関してはいつもどおりの
ズルズル?ダラダラって感じです。
大きく崩されはしませんでしたが、
後半かなりやられました。
中澤に代わって入った坪井が
ミスせず終われたことが唯一のプラスでしょうか。


とにもかくにも査定は終わりました。
しかし、ジーコは試合後に
「今日の試合の結果に関わらず
23人は頭の中にある」と発言し、
今日の試合は査定試合ではなかったことを
はっきり言ってのけました。


今年のキリンカップは何のための
大会だったのでしょうか?
巷では当落線上の選手たちの最後の
アピールであるということには
なっていましたが、ジーコははっきりと
それを否定しました。
メンバーは大会前から決まっていたのです。


ならば結果=勝ち点6を取りに行く
大会ではないのでしょうか?
しかし、あの試合内容ではとてもではないが
勝ちにいっているようには見えませんでした。
たんなる調整試合だったのか?
そんなわけはない。
日本代表にそこまで余裕があるわけがない。
どう考えても見えないのだ。


選手選考に関して。
現代表の中でチーム内で結果を残し
コンディション抜群の選手を挙げる。
土肥、坪井、長谷部、加地、巻、佐藤。
このあたりの選手は絶好調だ。
この中でスタメン確実なのは加地だけ。
海外組では松井。
しかし当落線上にいるらしい。
絶不調の選手を挙げる。
宮本、中澤、小野、久保、柳沢、玉田。
なぜか全員当確といわれている選手ばかりだ。


はっきり言わしてもらいたい。
ジーコの選手選考はサッカーを少し
でも知っている人間なら不可解な点が多すぎる。
要するに贔屓第一主義とでもいうような
選考をしているとしか思えないのだ。


Jリーグで絶不調で1点しか取っていない玉田。
この二試合で何のアピールもできなかった玉田。
かたや絶好調、代表戦でも結果を出してきた巻と佐藤。
どちらを選ぶべきかは誰の目にも明らかだ。


どれだけあたしが怒り狂ったところで
もう間に合わない。
サポーターの声が届かない、国内リーグを見ていない
実績や序列という名の贔屓で代表を構成する。
ある意味ではジーコは今までの代表監督の
タイプには当てはまらない人物である。
しかし、それでは応援の甲斐がない。
サポーターは離れていく。


最後に、スタジアムに足を運んだサポーター。
あの試合でよくブーイングせずに帰れますね。
むしろ黄色い声援でキャッキャして。
そんなだから協会は気付かないのです。
ある意味我々サポーターが招いた4年間の
失政だったのかもしれません。
つくづく日本のサッカー文化は
未成熟だと感じました。
イライラしすぎて長々書きすぎました。失礼。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。