スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.04(Sat)
福岡の中2男子生徒自殺の波紋は
収まる様子がない。
イジメによる自殺は後を絶たない。
それを過去数年間、それぞれの
教育委員会や文科省はいじめによる
自殺数はゼロと公表していたのだから
開いた口が塞がらない。
自分の地域から自殺者を出す事が
学校、教育委員会など公務員の人には
不名誉なことなのであろう。
全ては自己保身でしかない。


福岡の件ではいじめをしていた生徒達が
中2男子自殺後も違う生徒を標的として
いじめを働いていることが明らかに
なったそうだ。
今こうしている間にも事態は悪い方向へ
進んでいるのかと思うとやりきれない。


このいじめグループは自殺生徒の葬式でも
棺桶を覗き込んで笑っていたというではないか。
人間の所業ではない。
もはや学校や保護者の指導で対処できる
状態ではないのではないだろうか。
これを悪魔と呼ばずして何と呼べばよいのか。
さんざん2ちゃんねるを中心とした
ネット上で自分達の実名が出回っていたとしても
この生徒達には全く関係がないらしい。
単にネットを利用する環境に無いから
知らないのかもしれないが。


これだけいじめが問題になっているのだから
児童相談所や教育委員会など公的機関が
果たす役割は大きいはずなのだ。
だけどまるで機能していないようだし、
これは一体どうしたものだろうか。
前から疑問なのはいじめをして
人を自殺に追いやった悪魔を
逮捕することはできないのだろうか。
肉体的、精神的に暴力を受け
日常生活がままならず義務教育が
履行できない状態にある青少年に
更なる危害を加えており、
刑事事件として立件できると思うのだが。
いじめなら物証は幾らでもあるはずだし。
教育を含めた他人の生活状況を
故意に乱して権利を奪っているのだから
憲法違反に当たるのさえ自明だ。


福岡の場合は見せしめ的に警察が介入して
収拾を図るしかないのではないか。
もちろん学校側は不名誉だから嫌がるだろうが
犯罪者を匿うようなまねをいつまでも
続けるわけにはいくまい。
これで上手くいくと全国の
いじめられている生徒・保護者が
雪崩式に警察に相談に行くような
状況が起こるかもしれないので
警察も嫌がるのかもしれないけど。


いじめる側は他人を傷つけて生活を
妨げているのだから明らかな犯罪だ。
それが小中学生であろうと大人であろうと
変わらない。
ダメなものはダメだと公権力が介入して
身をもって教え償わせるのも立派な
教育だと思うのだけれど、いかがでしょうか?

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

お願いします。
この福岡筑前の事件は昨日中間報告会が催されましたが、曖昧模糊とした報告で真相の解明には至らない様相を呈してきました。そのため、文部科学省への抗議をしようという話があります(以下のURL)。一度、ご覧になってみてください。また、もし、ご賛同頂けるなら、嘆願書の発送、および、このお話を他の方にもご紹介ください。全国のいじめに悩む方にも朗報になると思います。
http://ijimekougi.web.fc2.com/
2006/12/13(水) 09:21:49 | URL | 嘆願する者 #GCA3nAmE[ 編集]
コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。