スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


補修は50時間て!
2006.11.01(Wed)
今日は新しい職場へ出社初日だった。
ひたすら座学で少々疲れた。
お尻も痛いぜ。
よさそうな感じの人ばかりで
そっと胸を撫で下ろしたって
感じですわ。


さーてさて、連日取り上げて
おりまするところの未履修問題。
どうやら最大で50コマまでの
補修(何度も言うが補修ではない)に
するとの最終案が出たようです。
え?350コマの学校の残り300コマは?
政府は現実の時間の制約に負けたのか。
これで本当にいいのか。


ズルしても罰もないんだな。
ズルしても高偏差値校に入れればいいんだな。
学校も生徒も両方がそう思ってるのだから
この国の教育は困ったものだ。
真面目にやってる人よりも
ズルをする人の方が優秀なのか。
なぜ不公平感というものを
考慮に入れて全面的な未履修授業を
実施できないのか。
人生の教訓を生徒に教える絶好の
機会ではないのか。


それに内申書や教育委員会への
報告書類を偽っていたのなら
校長を公文書偽造の類の罪で
逮捕できるのではないだろうか。
いや間違い無くできるだろう。
実際に何百人の校長を逮捕すると
なると混乱が起こるからしないだけだと
思うのだが。
そのくらいの警告はこれからでも
遅くはないので文科省と警察が
協力してすべきだ。


もうこの問題はグダグダだ。
どこかの校長は自殺するし。
なんだか日本人の心の腐敗は
行き着く所まで来たような
末期的な症状に映る。
繰り返し言うが、真面目な者が
泣きを見て、バレなければ何を
してもいいという風潮は断じて
許すべきではない。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。