スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャニーズ王朝の方法
2006.10.14(Sat)
どうでもいい話題だけど、
KAT-TUN赤西の休業は
どうも釈然としませんねぇ。


留学というのなら事前に
休業に向けた準備が行われている
はずで、亀梨ドラマの主題歌の
レコーディングに現われず
CD化の目途が立っていないなんて
不細工なことにはならないはずだ。
スポンサーも寝耳に水だった
ようだし。
こんなものはっきり言って
極楽とんぼ山本のパターンと同じだろう。
タレントである前に一個人として
社会的モラルに照らし合わせてみても
看過できないようなトラブルを
抱えこんでいて危険な状態に陥って
しまっているってことだ。
引退ではないと事務所はいうが、
そのうち契約解除となるに
決まっている。
過去のジャニーズ事務所で
繰り返されてきた手法だ。


ここ数年はジャニーズタレントの
不祥事があまりにも多すぎる。
飲酒、喫煙、異性問題など。
このKAT-TUNというグループは
特に素行が粗いそうだ。
だからメンバーが全員成人するまで
デビューできなかったとか。
確かに今年のメジャーデビュー以降でも
それぞれが様々な異性交遊ネタを
提供してくれる騒々しいグループだ。


これは決して鵜呑みにできない
不確定情報だが24時間テレビで
共演したハロプロ系グループの
14歳少女との交際&妊娠という
情報もネット上を泳いでいる。
情報が錯綜しまくりだ。
この中学生アイドル妊娠説は
以下のブログの13日付け記事に詳しい。
気が向いた物を寄せ集めブログ
またネットが先行するパターンなので
情報の取捨選択に注意が必要だ。


この説は台湾などアジアでは
確定的な情報として記事になって
いるようだ。
なるほど、マスコミタブーと
離れた場所では大っぴらに書ける
ということか。
ただ2ちゃんねるをソースに
記事を書くのはヤバイと思うが。
とにかくジャニーズに対する
マスコミのタブーは凄まじい
ものがあるようだ。
やっぱりジャニーズ事務所って
ところは不思議なところだ。
ジャニーズ批判報道は全てNG、
肖像権の管理は異常なほど厳しく、
離反したタレントが他で活躍できないように
徹底的にマスコミに根回しをする陰湿な一面、
そしてジャニー喜多川氏のタレントへの同性愛セクハラ。
こういう異様な体質になっている
タレント事務所にいると中身の
タレントも非常識な人間が出来上がる
というのは頷ける気がする。


あまり芸能関係に興味がない
私でもジャニーズの裏話みたいな
ネタには食いついてしまう。
それは既にジャニーズ戦略に
乗せられているということだろうか。
これまでブラックな騒動を
力づくで捻りつぶしてきたのが
ジャニーズ流。
今回の赤西騒動はどのように
沈静化させるのか楽しみだ。
私の予想
?なし崩し的に契約解除を
するのではないか。
?半年間休業をするが
留学はしない。
それを写真週刊誌にとられて
「赤西が美女とコンビニデート!
あれ?留学は?!」
みたいな記事が出る。


純粋なファンのためにも真実を
教えて欲しい。
それに応えずに誤魔化すような
今までのやり方は改めるべきだ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。