スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消えない不安
2006.05.09(Tue)
キリンカップ初戦、日本―ブルガリアをテレビ観戦。
結果は1?2で惜敗。
評価難しいよこれは。


収穫があったかといえば少しだけ。
後半途中まで全く攻めの形を作れない
日本に小野、小笠原が投入された途端に
攻めが躍動し始めました。
流れを変える交代を見れました。
しかし、W杯ではトップ下遠藤という
状況もまずないだろうし、福西を途中交代させる
ことも少ないし、小野と小笠原が途中から
同時投入されることもないだろう。
交代枠3人の中で同じ効果をもたらす
カードを切れるかどうか。
松井、長谷部らをもちいて実現できるか。
そもそも選んでもらわないとだめだけど。


反省点は相変わらずのDFのザルっぽさ。
一点目が典型でしたね。
ロングパス一本入ってサイドから
崩される。中澤のマンツーマンが負ける。
もう典型的な失点パターンです。
この4年間で解消できなかった悪い点です。
あと、サントスサイドから直接崩されることは
ありませんでしたが、本気のワールドカップならと
考えると怖すぎます。


ジーコが4年間でなしえなかったことは
まず、上記の失点パターンの対策が
できなかったこと。
サントスが振り切られ、中澤が相手に
ふりほどかれ、宮本のコントロールが
乱れはじめる。
こういう海外遠征で何度も経験している
危機的状況に対する対応策が組めなかったこと。
4バック時のサントス、宮本が本当に
スタメンに相応しい選手なのか?
海外で試合に出ていない選手が国内で
活躍している選手より本当に上なのか?
ジーコはそもそもJリーグを真剣に見ているのか?
(ジーコの視察は足を運んだという実績作りの
ためで、試合を観ているよりコーヒーをかき混ぜて
いる時間のほうが多いという噂もあります)
もっと、言えばいくらでもでてきます。


個人的にはジーコとの契約時になんらかの
条項を結ぶべきであったと思います。
まずはブラジル自国内でのビジネスの
かたをつけて代表監督に専念すること。
ヘッドコーチであるエドゥーは本当に
必要な人選なのか?兄弟利権ならたくさんだ。
マスコミはもっとジーコを叩くべき。
加茂やトゥルシエは連敗でもしようものなら
どれだけ批判されたか?
マスコミの集中砲火に浴びせられてきた。
ジーコは神様だから誰も何もいえないのか?
NOを突きつけるタイミングは何度もあったはずだ。
どこかのタイミングで協会は評価をして
ジーコと話し合いをすべきであった。
代表監督に絶対的な権力を与えすぎた。
過去のそれとは比べものにならない。


話がそれまくりましたが、次戦に期待。
村井のケガは残念だけど次は長谷部や
茂庭など若い選手をたくさん見たいです。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。