スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


VSインド
2006.10.12(Thu)
昨夜のサッカー日本代表のインド戦は
3?0という妥当な結果に。
内容も合格点とまでもいかないまでも
及第点の少しだけ上といったところか。


インドは真摯な姿勢がよく伝わってきた。
アジアのチームは前線に一人を残して
全員でゴール前に張り付くような
戦術を取ることが多いが、インドは違った。
できるだけ前でボールを奪い、
確実に自分達のボールとして
落ち着いて前に運ぼうという
姿勢が見て取れた。
逆にありがとうと言うべきだろう。


日本は何かモヤモヤしているというか
せっかく繋がったボールをミスして
ふいにしてしまったり、呼吸のチグハグと
技術的な問題でもったいない場面が多かった。
ただ一度波に乗るとやってくれるという
期待はかなりできる。
その相手のツボを突くまでの辛抱が
選手にも我々観ている側にも歯がゆくはある。


選手評価で言うと、昨日は播戸と中村に尽きる。
播戸はやはり気持ちが他の選手とは違う。
ここで決めなければ次はないという
気合がプレーから伝わってくる。
正真正銘の中山タイプである。
かたや相方の巻というと困ったものだ。
まず技術的な面で物足りない。
やはり足元はまだまだだな。
彼も元々気迫を全面に押し出して
不利な体勢でもボールに喰らいつく
ようなプレースタイルが持ち味だったが
どうもそれも物足りない。
オシム就任以降そう感じる。


そして中村。
前回のガーナ戦後も触れたが、
パス一本で局面を打開できる
選手がオシム代表に初めて
現われた。
何かやってくれそうな雰囲気を
持った選手だ。
これからは遠藤とのスタメン争いが
待っているが、昨日のプレーが
持続できればスタメン定着も
夢ではないだろう。


不安が的中したのがCB。
水本の負傷によって後半は鈴木が
最終ラインに入った。
急造のCBで凌げるのは
相手がアジアの時だけだ。
早くバックアップを見つけるべきである。
しかしオシムの考え方として
他のポジションの選手を動かすだけで
代わりができるのなら必ずしも
同ポジションの選手と変える必要は
ないという考え方がある。
確かに鈴木が後ろに下がって
長谷部がボランチに入れば
戦術的にも変更はなくても
済むとは思うのだが。
それにしても世界が相手と
なると厳しいと思う。


総じて全体の動きはよかった。
アウェーの洗礼かどうかは
わからないが2回も照明が
落ちて、犬がピッチを駆け回る
という微笑ましいスタジアム環境。
アウェーでは何が起こっても
気を取り乱してはいけないという
教訓も得れたのではないだろうか。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。