スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


VSガーナ
2006.10.05(Thu)
ガーナ代表はやっぱり面白かった。
W杯でもチェコ戦やアメリカ戦は
大会のベストバウトに挙げても
いいと思うほど良いチームだった。
新チーム発足直後で国内合宿もなく
直前の移動のためどうかと思ったが
心配は無用であった。
面白いように日本のDFを切り裂いていく。
日本はズルズルと引き下がっていく。
日本はある程度の形はできていたがフィニッシュの
精度が低すぎる。
オシムと言えど一足飛びに強くなるわけがない。
まだ温かい目で見守ってあげる時期であろう。


良かったのは駒野。
やはり右が本職だと思う。
左では活きてこない。
昨日は自らトライしていこうという
意思がプレーに現われていた。
積極性を評価したい。
途中出場組については中村が好印象。
オシムジャパンにはここまで
縦パス1本で前線に配球できるタイプの
選手がいなかった。
その中で特徴を活かせばポジションは
今後もあると思う。


戦前からの不安が的中したのはCB。
やはり阿部、水本、今野の3バックは
急造にも程がある。
オシムの召集はCBが毎回少ない。
阿部を含めたとしても負傷した場合には
足りなくなってくる。
そもそも阿部をCBで使うのはもったいないので
好きではないのだが。
CBとSBの人材不足は深刻である。
下からの底上げが極端に乏しい。
逆に言えばJリーグで安定した活躍を
見せれば割合と簡単に代表入りできる
ポジションでもある。
若手の発奮を望む。


この2ヶ月ほどでオシムのやりたいことが
見えてきた。
選手選考もチームでの活躍がかなり
考慮されていてよくJリーグを
観ていると思わせる選考である。
ただ昨日のテレビ中継を観ていると
スタジアムの空席はかなりのものであった。
もはやサッカー日本代表はプラチナチケットでは
ないようだ。
やはり世間的知名度の高い選手が少ない
からなのだろうか。
Jリーグを見れば決してそのような
メンバー構成ではないのだが。
しかし世論に迎合することなく
自らの信念に基づいたチーム作りを
続けて欲しい。
継続すれば結果も出る。
またチケットが売れる時代も来るはずだ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。