スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.02(Mon)
さーてさて昨夜は凱旋門賞を
ご覧になりましたか?
結果は3着!
とにかく順調に仕上がって
ケガもなく本番で力を出し切っての
結果なので良しとしよう。


専門的なことはわからないけれど、
いつも後方から差していくディープが
昨日は最初から2番、3番手あたりに
ついていた。
私はそれがすごく気になっていた。
はっきり言うと嫌な予感がした。
スタートが良すぎたのだ。


名馬ディープは毎回スタートが悪い。
出遅れるのが普通、横によろけながら
スタートしたこともある。
しかしそれでも後方集団から3コーナー
手前で徐々に上げていき最終コーナーを
回りきったかどうかのタイミングで
先頭集団に踊り出る。
そして最終の600Mほどかな。
凄まじい末足で後続をぶっちぎる。
これが今までの王道パターン。


それが完璧なスタートを切れてしまった。
切れてしまったというと語弊があるが。
とにかくいつもの展開ではなかった。
ただ道中がスローペースになるのは
戦前予想だったので陣営としては
それにハマるまいといつもよりは
アグレッシブなスタートを切ろうという
作戦だったのであろう。


ディープの末足は凄かった。
やや劣るもののいつも通りの
ダッシュ力を見せたと評価できる。
それにも増して世界の競馬はすごすぎた。
はっきり言って世界一だと思っていた
ディープの最終のダッシュを超える
末足を持つ馬が2頭いたのだ。
馬の自力で負けたのだ。
世界にはまだまだ上がいることを
まざまざと見せつけられた。


それにしてもフランス競馬は違いますね。
まず観客と馬の距離が近い。
日本ならパドックから本場場まで
地下道を通るので一般客との接触は
パドックの数分間だけだが、
フランスは移動中も人垣を掻き分けて
進むようなイメージで観客が一体と
なった競技進行ができていると感じた。
本場場に出てからも直ぐに輪乗り場まで
ウォームアップするのではなくて
誘導馬を先頭に行進するみたいに
観客にお披露目をしながら入場するような
とてもスローな入場だった。
あとは観客の正装。
凱旋門賞ともなれば紳士淑女の社交場である。


ディープで勝てなかった凱旋門賞。
ハーツクライも英国G?で3着。
日本馬で欧州G?制覇を果たせる
時代はいつになったらやってくるの
でしょうか。
はやくそういう時代になってもらいたい。
今年最大級の楽しみが終わってしまった。
残りの3ヶ月何を励みに生きていけばw

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。