スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝生観たっす
2006.09.30(Sat)
昨夜は久々に朝生を最後まで
観てしまった。
4時過ぎまでやるのは反則だ。
もっと早い時間から始めてほしい。


さて番組は自民 VS 非自民の構図。
自民は山本一太と片山さつきが
とにかくよく喋る。
平沢さんは眠たかったのかおとなしめ。
八木秀次の人を小馬鹿にしたような
薄ら笑いは相変わらず。
個人的には好きな学者の部類に入るが、
テレビで話す態度だけはどうも好きになれない。
非自民チームで頑張ってるのは
いつも通りで姜尚中、辻元清美、金子勝の
レギュラーメンバー。
民主党の枝野幸男はもっと自民との
対立軸を出してくるかと思いきや、
終止不発に終わった感じ。


憲法改正、年金、格差、靖国、自衛権、増税など
片通りの問題を一通り流したような内容。
田原が最も訴えていたのは所信表明演説に
肝心の知りたいことが何も書かれていないと。
例えば歳出削減というなら公務員改革は
避けて通れないはず。
てっきり大見出しで持って来るかと思ったら
ほとんど言及していないと。
こんな演説に意味なんてないよ!とブチギレ。


自民側としては安倍さんが極めて右寄りで
国粋主義的な方向に国を導くのではという
世界のマスコミの評価は誤解なので
それを解いていきたいという論旨。
安倍さんは世間が思っている以上に
バランス感覚のある人で特定の思想に
向かって突っ走るようなことは有り得ないと。


すると、非自民チームからこの所信表明演説を
見ると確かにソフトなイメージは受けるが、
能ある鷹が爪を隠しているのではないかと指摘。
例えば参院選が終わると一気に爪を
出してくるのではと危惧すると指摘。
田原はしきりに爪って何だよ?と確認。


姜は政治家安倍と個人の安倍の思想は
少し違うはずだと。
責任の伴う政治の世界に個人の思想を
強く出しすぎるようなことがあれば困ると指摘。
自民チームはバランス感覚豊かな安倍さんは
そんなことをするわけがないと応答。


全般的に見ると少し不毛な議論なのかなーって
印象を受けました。
スタート直後の自民チームは完全に安倍さんの
広報マシン化していて良いことしか言わないし、
非自民チームもさほど山本・片山が嫌がるような
鋭い指摘をできたわけでもなく。
最後に自民と民主の違いを民主・枝野は
自由経済・資本主義を基本にしているのは
同じであとは個別の議論が違うとなんとも
はっきりしないお答え。
民主の議員さんも自民との違いをはっきりと
認識できていないのではと感じました。


あと毎回思うのですが、辻本の遠吠えは
ああいう肉食動物がスタジオに一匹放たれたと
思えば気にならないのですが、
このところ姜尚中が厳しすぎる。
そんなにこの国が嫌いなら祖国で大学教授を
すればいいじゃないか。
彼はこの国をどうしていきたいのだろうか。
北朝鮮に食料をたっぷり与えて、拉致のことは
手打ちにしましょう、
靖国参拝は止めて、中韓に改めて謝罪をして
一緒に経済協力をしていきましょう。
本音はこんなところじゃないの。
この人はキツすぎるよ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。