スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.27(Wed)
大手チェーン系古書店で
安倍さんの「美しい国へ」を
300円で購入。
あとで読んでみましょう。


さてこのところ野球ネタが
続きますが今日もそれで。
高校生ドラフトで気になった
ことが一点だけ。
ロッテに指名された八重山商工の
大嶺の話題です。
本人は第一希望がホークスだったそうで
直後の会見では元気がありませんでした。
恒例のグラウンドでの胴上げもなし。
それは仕方ないと思います。
誰だって思い通りの大学に入れるわけでも
思い通りの会社に就職できるわけでもなく
人生には時として妥協を迫られる場面も
ありナーバスになるのは当然です。
ロッテが嫌なら辞退すればいい。
元木、福留、新垣のように辞退をして
数年遅れで他球団に入団しても活躍した
人はいる。


ただ監督のコメントがいただけない。
「これでは話が違う」というコメント。
話って何でしょか???って感じですね。
それってホークス単独指名が何らかの
形で密約されていたところにロッテが
割り込んできたという暴露でしょうか。
監督はロッテスカウトからの電話着信を
5回も無視したそうです。


全く理解ができないのですが。
ルールに則ったドラフト制度を根幹から
否定するような監督の言動と行動。
ホークスもロッテも全く非はありません。
監督とホークススカウトが事前に
接触していたということは間違いなさそうです。
まるで被害者のごとき態度ですが、
あまりにも幼稚すぎないでしょうか。
まるで筋違いの茶番です。


それなら12球団担当者が密室に
集まって談合をしてからドラフトに
臨まなければ皆が納得できる結果にならないと
いうことになるでしょう。
何をバカなことを。
この監督はドラフト制度そのものを
全く理解できていないのでしょう。
誤解を恐れずに暴言を吐きますが
この監督は「島の人間だからとバカにしやがって!」
くらいの気持ちでいるのかもしれません。


甲子園に連続出場するくらいの学校の
監督ならドラフトは何が起こっても
おかしくないということくらいは
生徒に理解させておかねばいけないですね。
それが監督自らがドラフトの裏にある
闇の部分を暴露してしまうのだから
改めて茶番としかいいようがない。
それだけドラフト制度が疲弊していて
どの関係者にとっても納得のいく
形になっていないという限界を露呈した
ことでもあります。


かわいそうなのは結局は大嶺ですよ。
監督からはきっとホークス単独指名で
間違いないから安心しとけとかなんとか
言われていたのでしょう。
ドラフトってそういうものだよ?と。
ホークスやロッテがどうこうというより
たくさんの大人に裏切られた、騙された
みたいな感情が先に立っているのかも
しれません。
やはり監督の選手への情報伝達や
取捨選択にぬかりがあったと
私は感じています。
かなり辛辣に書きましたが
どんな進路選択をしたとしても
温かく見守っていきたいと思います。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。