スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.25(Mon)
さてさて朝晩は涼しいですが、
昼間はまだまだ日差しがきついですね。
この時期は着る服がなくて困ります。
テレビ見てたら駒大苫小牧の田中は
楽天だそうですよ。
選手層が薄いからチャンスは他球団より
早く巡ってくるでしょうね。
戦力の均衡のためにも楽天はいいかもしれない。


そして桑田ですよ?桑田。
やはり2軍生活を続けることは
彼のプライドが許さなかったのでしょう。
野村監督もコメントしていましたが、
桑田はボロボロになるまで現役を貫く
「野村型」の選手だそうです。
しかし年度別の成績を見ても
ここ数年は全くと言っていいほど
1軍で目立った活躍がなく、
1,5億の高給取りはチームに
とっては重荷であることは
間違いないでしょう。
チームから肩叩きをするのも
忍びないから本人の性格的なものも
考慮して敢えて2軍に置いて
暗に戦力外を匂わせていたのかも
しれませんね。


別に桑田投手に特別な思い入れが
あるわけではないし、
どちらかと言うとあの不気味な
雰囲気は好きではないのです。
ただガキの頃に藤田ジャイアンツと
森ライオンズのレベルの高い
日本一争いを毎年見ていた世代なので
頑張って欲しいという思いはあります。


あの頃のジャイアンツは、
打者は緒方、川相、駒田、原、吉村、岡崎、
篠塚、村田など錚々たるメンバー。
控えには若かりし元木、吉岡、後藤あたりかな。
投手は桑田、斉藤、槙原、宮本、石毛とか。
方やライオンズも辻、平野、秋山、清原、
石毛、田辺、デストラーデ、伊東などなど。
W渡辺、石井丈、潮崎、郭とか投手も粒ぞろい。
面白い時代でしたよね。
基本的に私の野球知識は92年頃で止まっているのですがw


そういう思い出の選手がいなくなるのは
寂しいものです。
ただ桑田はかなりクレバーな人だと
思うので例えば海外の大学に留学して
スポーツ理論を学ぶとかまだまだ
先があると思います。
そしていずれはジャイアンツで指導者として
活躍してもらいたいものですね。
最後のシャレでタイガースに来ないかなw
オリックスとか本気で獲得に動きそうで怖いけどw

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。