スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教師への暴力増加中
2006.09.14(Thu)
小学校で児童から教師に対する
暴力が急増という記事を見ました。
今時の先生は本当に大変な職業だと
思います。
生徒からは暴力、
保護者からは理不尽なクレームがひっきりなし、
地域の安全を知恵を出し合って守りましょうetc


あたしの小学生時代を思いだしてみると、
教師に暴力を奮う児童や授業中に
立ち歩く子供もいなかったので
若干イメージがしにくい部分があります。
恵まれていたと思うべきでしょうか。


暴力は許されるわけはありません。
しかし教師→生徒の暴力は懲戒処分に
なるなど問題になり処分が待っています。
しかし生徒→教師の暴力については
いかなる対応ができるのでしょうか。
高校以降なら停学処分がありますが、
小中学校では具体的な処分はできないはず。


教頭や校長が入念に面談をしたり、
反省文を書かせたり、
保護者へ指導を強化するように
話をするといったレベルでしょうか。
心の問題が深いのであればカウンセラーが
対応するようなこともあるのかもしれません。
いづれにしても児童にとっては
少し退屈な時間を強いられる程度では
ないでしょうか。


大人に向かって暴力を奮うということには
何らかの主張が込められていると思います。
子供だって全ての行動や感情表現には
意味があると尊重してあげることは
教育の場には必要でしょう。
大声で泣く子にはその子の、
イジメを働く子にはその子の。


だから放置することは許されません。
ただ暴力という表現はいけないよと
いうことを教えることがスタートでしょう。
それから不満があるなら聞いてあげる。
段階的に教えていかないと一足飛びに
「先生に暴力を奮うとは何事じゃ!」
と怒鳴るだけでは解決はしないでしょう。


まぁ先生が舐められてる部分も
あるのでしょうね。
威厳がないと。
あとは自分達はお客様だから
何をしてもいいんだよみたいなノリ。
これは親が学校や先生という存在を
そのように軽んじた会話を家庭で
しているとか子供にそのように
教えているとか。
まぁ以前も書きましたが
「一家揃って犯罪者」みたいな
家族が増えてきたわけですな。


「うちの子は家では良い子です。
そんな我が子が学校でだけ聞き分けの
ない子になるなんて、周りの同級生が
悪いか担任が悪いのです!」
みたいな解釈をする親が多いのでしょう。
教育を全て学校任せにしている親。


教育の崩壊は国の崩壊に繋がります。
あ?怖い怖い。




スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。