スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふと思うこんなこと
2006.09.12(Tue)
本日もボヤキを少々。
信号がなくて横断歩道の
地面のラインだけがある
道路があるじゃないですか。
近頃のドライバーはせっかち
なのかどうか知りませんが、
横断しようとタイミングを
窺っている歩行者がいたとしても
少しは減速すれども自動車の
方が大きいから優先だとばかりに
停止せずに過ぎていく車が多いような
気がします。


交通ルール的には歩行者優先であることが
多いわけで、歩行者も車の流れが途絶える
まで待つ必要はないと思うのです。
もちろん安全が第一ですよ。
なぜドライバーはそこで歩行者を
通してあげる僅か数秒程度の心の
ゆとりを持てないのでしょうか。
お年寄りや自転車の方がたくさん
横断歩道前で今か今かと溜まっている
場面を近年見かけることが多くなった
ように思います。


お互いに譲り合いをするのではなく
歩行者よりも交通ルールに長けているはずの
ドライバーが一旦停止をして身振りで
歩行者に通行を促すような気遣いを
誰もができればいいなと思います。


ここ数日の飲酒運転事故の報道量は
凄まじいですね。
今までは報道されていなかったような
細かい事故まで取り上げられているのと
世間の公務員叩きの流れにタイミングが
合ってしまった感じですね。
とにかく自動車は時には凶器に
なってしまいます。
いつ被害者になるとも加害者になるとも
しれない諸刃の剣であります。


色々報道を見ていると日本人の
気遣いの精神やルール遵守のフェア精神が
失われてきた証拠かなぁなどと悲しい
思いもいたします。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。