スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.10(Sun)
今朝の毎日新聞一面はでっかく
「自衛官に『軍人恩給』」と
出ていました。
毎日にとっては鬼の首を
とったような気分で見出しを
つけたことでしょう。
日本は軍国主義に逆戻りして
いますよと言いたいわけでしょうね。


軍人恩給という名称にはまさか
ならないでしょうが、結構なことだと
思いますね。
やはり数年前と比べても自衛官の
業務は危険度が増してきている
ことは事実だし、それに対して
なんらかの形で国が報いることは
当然ではないでしょうか。
厚遇は認められて当然の名誉ある
仕事だと思います。


これからの日本で警察官や自衛官の
ような仕事に就く若者は増えるでしょうか。
あたしは減るのではないかと思います。
今の若者は右傾化しているなんて
言われますけど、なんてことはない
肉体も精神もひ弱なものです。
命を賭して国を守ろうなんて気概の
ある人は少ないです。
むしろなんで危険を冒す仕事に
好き好んで就かないといけないのだ
という感覚ではないでしょうか。


それだけに手当を充実させてでも
成り手を増やしてもらいたいなぁと。
単なる3K仕事みたいに捉えられると
苦しいかなとは思います。
良い人材が海外の民間ソルジャー派遣会社に
流れる前に国を守る正義の
仕事の良さをもっとPRすべきでは
ないでしょうか。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。