スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝からおめでた
2006.09.06(Wed)
今朝からテレビはおめでたの話題で
盛り上がっています。
秋篠宮妃紀子様に第3子となる
元気な男のお子様が誕生したそうです。
おめでたい。


皇位継承は3番目になるとかで。
NHKで街角の反応を繰り返し
流していますが、やはり男の子が
生まれてほっとしたというのが
世間の本音のようにも見えます。


個人的なことを言えば女性天皇、
女系天皇いづれも認めるべきだと
思います。
私案としてはその時々の今上帝が
次帝を指名すればよいのではないかと
思っています。
それが女系になるのであれば
それでいいのではないでしょうか。
政治の世界で決めることだとは
思うのですが、肝心の皇族方の
本音を窺うことは難しいですし、
それなら皇族方内々で協議されて
指名をするというのもアリなのでは。
現状の皇位継承順位うんぬんを
取っ払ってしまうわけですね。


政治家達は早々に皇室典範改正に
向けた動きをストップさせるような
コメントを発表しています。
しかし皇族方の人数はしばらくは
減っていく一方でしょうし、
いづれ同じような事態が来る可能性も
充分にあるわけだし、問題を棚上げして
先送りすることなしに研究と議論を
深めるべきでしょう。
政治家を見ていると日本人の事なかれ主義の
典型を見ているようで滑稽です。


さてこれで静養中の雅子妃の気持ちは
いかなる方向へ向かうのでしょうか。
そんな邪推をすることがますます
妃の心に重くのしかかるのかもしれませんが。
とにかく早く良くなっていただきたい。
これでお世継ぎ出産のプレッシャーから
開放されて愛子様と楽しい親子生活を
送られるもよいでしょう。
逆に早く自分もお世継ぎを!と焦られるのではなく
ゆとりを持って静養していただきたいです。


ここからは想像の域を出ませんが
ある意味男の子を出産することを
義務付けられて皇室に来られたのに
やりたい外国訪問はできず、マスコミの
批判にさらされその心中いかばかりかと
お察しいたします。
世間の名士のお宅にもそういう男子誕生を
課せられて結婚するような女性も今の時代にも
少しはおられるのかもしれませんが、
民間のそれとはプレッシャーが違う世界で
ありましょう。
心の健康を害されたとしても
誰も責めることはできますまい。


小和田家が女流家系で男子の数が
もともと少ない家系だそうです。
そういう雅子様と成婚されたということは
皇太子様におかれても男子一系の皇位継承に
関して自らの代以降について多少の覚悟は
おありだったのではないでしょうか。
やはりここで皇室典範に関して議論を
続けることが必要だと感じます。


とにかく今日はおめでたい日に
なりました。
健康にスクスクと育っていただきたいですね。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。