スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酒類販売の自由化
2006.09.02(Sat)
酒類地域規制が撤廃だそうですね。
これでコンビニやドラッグストアなど
小売の酒類の販売が自由になるそうです。
便利になるというのは理解できますが。
うーん。


現状これ以上酒類の販売の拡大を
する必要がまず感じられません。
お酒を買いたい時に何軒もコンビニや
スーパーを回って結局買えなかったなんて
経験はあたしにはないんですよ。
まぁ近所に小売店が溢れているからというのも
あるのかもしれませんが。
消費者の便益はさしてないような気がします。
むしろ深夜営業の小売で未成年が
購入するケースが増えるだけでしょう。


メリットがあるのは大手コンビニチェーン
でしょうかね。
これで昔ながらの町のお酒屋さんは
全く立ち行かなくなるでしょう。
悲しい話ですよね。
SHOP99や大手のディスカウントショップの
全てで酒類販売が行われるとお酒屋さんは
価格も営業時間も何も敵いませんから。
ホテルなど大きな納品先を持たないお店は
本当に生きていけない。


規制緩和というやつの恐ろしい
側面ですね。
笑う人がいる一方で泣いている人がいる。
泣く人は泣くだけで済まなくて廃業をしたり
産業そのものが消滅することになる。
それが効率化を目指す経済原則といえば
そういうことなんですけどね。
なんとなくやり切れない思いもします。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

こんにちは
なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/11640
2006/09/05(火) 23:07:31 | URL | ゆうな #YZdnnNwY[ 編集]
コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。