スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰が収拾するのさ?
2006.11.30(Thu)
イジメと自殺問題を巡っては色んな人が
色んなことを好き勝手に言っております。
教育再生会議は手ぬるい提言をまとめ、
各新聞は著名人からのストップ・ザ・イジメみたいな
メッセージを掲載したり。


先週の朝生で各論者が共通認識していたのは
イジメと自殺は切り離して考える別問題、
イジメ報道が後追いを招いている、
イジメ=悪=犯罪という認識の欠如、
このあたりだったでしょうか。


宮崎哲弥によるとWHOが青少年の
自殺報道に関するルールを作っているそう
なのだけれど、日本は全く守っていないそうだ。
それどころか真逆の報道をしているらしい。
WHOでは実名・顔写真の報道はしない、
動機や交友関係など過度の深入りをした報道はしない、
後追いを防ぐような報道に力を入れるなど。
他にも項目がいくつかあるようなのだけれど、
日本の報道はどれもクリアできていない。
朝から晩までイジメ自殺だと騒ぎたてて
亡くなったから解禁とばかりに
交友関係や文集、卒業アルバムの写真の使用など
生徒の個人情報をこれでもかと報道する。
そして自称文化人やお役所様が月並みな
自殺防止メッセージを出す。
これだけ連鎖的に起こっているのだから
マスコミ報道のあり方を真剣に考えて
いただきたいものだ。


あとはイジメ=犯罪だから警察の介入も
止む無しという主張もあった。
やはり左派論陣は反対していたけれど。
学校や家庭の管理を超えたイジメならば
暴行罪や恐喝罪でしょっぴけると私も思う。


あと心に残ったのがイジメが起こったら
最後は誰かが被害を被って責任を取ることになると。
それが日本では被害者であって転校を
余儀なくされたりする。
それは問題ではないか。
加害者が責任を取って去るべきでは
ないのかという話だ。
確かに言われてみればそうだ。
理不尽極まりない。
今回の教育再生会議でも議論にはなったようだけど
加害者の出席停止くらいは当然の措置として
行うべきではないだろうか。
社会奉仕をさせるべきという論もあるけど
どうも手ぬるいのではないだろうか。
人を死に至らしめる行為を平気で行う
外道に社会奉仕を嫌々やらせたところで
改心するとは思えない。
ほとぼり冷めたら再犯に及ぶのが
目に浮かぶ。
やはりイジメ=犯罪なのだ。


教育再生会議も政府として目玉中の目玉として
スタートしたけれど、これからどういう
方向に向かっていくのだろう。
また教育基本法改正と現実のイジメ・自殺の問題の
どちらに政府は本腰を入れていくのだろう。
私は目前の問題をまずは収拾すべきだと
思うのだが。





スポンサーサイト

兵馬俑展
2006.11.29(Wed)
今日は京都文化博物館で開催中の
「始皇帝と彩色兵馬俑展」に行って
まいりました。
夏に東京で開催された特別展が
京都にやってきたってやつです。


ぶっちゃけ世界史の知識がないものだから
中国史も全くと言っていいほど知らない。
けれど兵馬俑は知ってる。
なんとも言えず惹きつけられる魅力がある。
そして何と言ってもチャーミング。
お隣りの国では紀元前にこんな造形技術があって
それだけ進んだ政治体制だったのだろうかと
想像を描きたてられる歴史資料だ。


実物をたくさん見てきたけどやっぱり凄いわ。
もう圧巻。
存在感ありまくり。
あまり事前知識なしで行ったのが逆に
よかったのかもしれない。
一体一体表情も服装も違うなんて
有り得ない芸の細かさだ。
真っ裸の像なんて男性器の大きさから
違うんだからw


彩色兵馬俑ってからには近年はカラーの像が
たくさん出土しているらしいのだ。
これまでの兵馬俑のイメージは
ねずみ色か土色って感じだけど、
今はそれだけじゃないのだ。
赤や緑がかったカラーが残っている。
2000年以上前のものがこうして
見られるなんて感動以外の何者でもない。


お土産に兵馬俑のミニレプリカを買った。
上手い具合に汚してあってリアルだ。
見ればみるほど愛しい。
他にもどこかで売ってないかなw
兵馬俑レプリカのコレクターに
なろうかしらw
あぁ?図録も買えばよかったさ。
とにかく1200円の入場料の元は
優に取れました。




タブーとは何ぞや?
2006.11.28(Tue)
さーてさてさて。
今月はブログをサボりすぎましたなー。
申し訳ない。
またちょくちょく書いていきましょう。


このところ報道は下火になってきたけれど
奈良市職員の給与不正受給事件。
数日前の報道によると警察の捜査では
本当に病気であったのか、
仮病で医師に偽診断書を書かせていたのかが
立証できなかったらしい。
それで本当に連続して様々な病気に
罹っていたという結論になったそうだ。


そんなバカな!
警察は何をやっているのだ!
医師は何を恐れて真実を話さないのだ!
奈良県警という公権力をもってしても
部落解放同盟幹部たった一人を切り崩すことが
できないようだな。
これは失望以外の何者でもない。
真実は明らかではないか。
本気で捜査する気があるなら容疑者の
体を徹底的に調べればいいじゃないか。


これで明らかなのは警察という公権力より
部落解放同盟という民間団体の方が
上だということだ。
相手が解放関係者でなければ医師も早くに
口を割っていたはずだし警察の追求も
もっと深いものであったはず。
結局は警察捜査の現場においても
越えられないタブーがあるということなのだろう。
情けない話だ。


このところ広義でのタブーに興味がある。
自治体が抱えるタブーやマスコミタブーなど。
我々一般人の生活にもきっとたくさんの
タブーが存在する。
なぜタブーはタブー足りえるのか。
それによってどれだけの欺瞞が世の中に
氾濫して我々は不利益を被っているのか。
綺麗事だけで国が成り立っているわけが
ないではないか。
光があれば影があるのだ。
虐げられた弱者の姿をありのまま見ること
報道すること、それを平等に扱うことを
なぜタブー視するのだろう。
生き辛い世の中をより一層生き辛くしているのは
我々自身かもしれない。
自省も込めて色々と思うことが多い
今日この頃でございます。


ひさびさ?
2006.11.19(Sun)
気付けば2週間も更新をサボってましたな。
その間に何があったかと言いますと、、
情けない話でございますが、、、
11月1日から勤め始めた仕事を
僅か9日で辞めてしまいましたのです。


まぁ自分に合わなかったというか
これまで自分がしてきた仕事と違いすぎてて
全く仕事内容が理解できなくて。
私の頭は文系頭脳なのですが、
仕事がどうも理系的な知識や思考が
かなり求められる専門的な仕事で
ついて行けまへんでしたわ。


情けないよねー。
1年近く無職でやっと正社員決まったのに。
親も喜んでたのに。
辞める時はあっさりですよ。
ちょっと違うな?って思ったら
もう辞めてたって感じですね。


また仕事探しの始まりだ。
何回こんなことを繰り返せば気が済むのか。
もうすぐ前職辞めてから1年経過ですわ。
1年の空白があるなんて不利にも
程があるわなぁ。
前の仕事の部下のアルバイトの中に
30歳過ぎても就職活動したことなくて
ずっとそこでバイトしてる人が
いたけれど気持ちも今ならわかる。
面倒くさいやら情けないやらで。
そんなこんなで人生について
沈思黙考したここ2週間でした。


とりあえず年末年始は郵便局で
バイトしようと面接に行って来ました。
とりあえず無難なところから社会復帰でござる。


企業人
2006.11.05(Sun)
今日は大阪の心斎橋と梅田へ行って来た。
前から探している文庫本を入れられる
プラスチック箱をやっと買った。
そして梅田の阪急百貨店でスーツ2着で
よりどり3万円みたいな催しをしていたので
ネクタイ2枚で5000円てやつを買った。
私はナロータイが好きなのだがどこの
店でも数は少ないしその中で好みの一本を
選ぶとなるとなかなか難しい。


それにしても思うのだけれども日本の
スーツ社会はなんとかならないだろうか。
日本中の会社や組織が一斉に服装自由に
ならないのだろうか。
夏場に上着を着て外を歩いている時なんて
拷問以外の何者でもない。
私は暑がりなので特にスーツは苦手だ。


あと銀行や古い会社に多いけど
女性にだけ制服があるというパターン。
こんなものは前近代の遺物そのものだ。
制服を着用することによって組織への
帰属意識を高めるというのなら
男性用の制服を作ればいいのに。
こういう無駄な男女不平等が嫌いだ。
もっと言えば総合職=男性、一般職=女性という
無言の色分けだってムダだ。
職種毎に募集するべきで総合職、一般職という
区別は初めから男女を分けて採用しているのと
同然ではないか。


色々とおかしいことがありますよね。
なんとか働き易い日本の社会になればなんて思います。


2006.11.04(Sat)
福岡の中2男子生徒自殺の波紋は
収まる様子がない。
イジメによる自殺は後を絶たない。
それを過去数年間、それぞれの
教育委員会や文科省はいじめによる
自殺数はゼロと公表していたのだから
開いた口が塞がらない。
自分の地域から自殺者を出す事が
学校、教育委員会など公務員の人には
不名誉なことなのであろう。
全ては自己保身でしかない。


福岡の件ではいじめをしていた生徒達が
中2男子自殺後も違う生徒を標的として
いじめを働いていることが明らかに
なったそうだ。
今こうしている間にも事態は悪い方向へ
進んでいるのかと思うとやりきれない。


このいじめグループは自殺生徒の葬式でも
棺桶を覗き込んで笑っていたというではないか。
人間の所業ではない。
もはや学校や保護者の指導で対処できる
状態ではないのではないだろうか。
これを悪魔と呼ばずして何と呼べばよいのか。
さんざん2ちゃんねるを中心とした
ネット上で自分達の実名が出回っていたとしても
この生徒達には全く関係がないらしい。
単にネットを利用する環境に無いから
知らないのかもしれないが。


これだけいじめが問題になっているのだから
児童相談所や教育委員会など公的機関が
果たす役割は大きいはずなのだ。
だけどまるで機能していないようだし、
これは一体どうしたものだろうか。
前から疑問なのはいじめをして
人を自殺に追いやった悪魔を
逮捕することはできないのだろうか。
肉体的、精神的に暴力を受け
日常生活がままならず義務教育が
履行できない状態にある青少年に
更なる危害を加えており、
刑事事件として立件できると思うのだが。
いじめなら物証は幾らでもあるはずだし。
教育を含めた他人の生活状況を
故意に乱して権利を奪っているのだから
憲法違反に当たるのさえ自明だ。


福岡の場合は見せしめ的に警察が介入して
収拾を図るしかないのではないか。
もちろん学校側は不名誉だから嫌がるだろうが
犯罪者を匿うようなまねをいつまでも
続けるわけにはいくまい。
これで上手くいくと全国の
いじめられている生徒・保護者が
雪崩式に警察に相談に行くような
状況が起こるかもしれないので
警察も嫌がるのかもしれないけど。


いじめる側は他人を傷つけて生活を
妨げているのだから明らかな犯罪だ。
それが小中学生であろうと大人であろうと
変わらない。
ダメなものはダメだと公権力が介入して
身をもって教え償わせるのも立派な
教育だと思うのだけれど、いかがでしょうか?



2006.11.03(Fri)
近所のソフトバンクモバイルのお店は
3連休の大混雑に備えて車両誘導の
ガードマンを置いたようなのだが、
さっき前を通ると車は一台も止まって
いないし、店内にお客さんがいる様子も
なかった。
たまたまそういう時間帯だったのか。
何となくだけどソフトバンクの行く末に
暗雲が立ち込めているような気がした。


さて日米野球が開幕してございます。
しかし連日のように有力選手が辞退する
発表がなされるなど、話題性は少ない。
本来なら井口、城島の米チームと
メジャーを目指す松坂、井川、岩村あたりの
対決が見たいのだけど日本の選手の
非協力的な態度はどうにかならないものか。


プロ野球選手は日本代表に選ばれることを
名誉だとは思わないのだろうか。
送り出すチーム側にもそういった意識は
ないのだろうか。
このあたりは他の球技種目と違う気がする。
メジャーを目指すほどの選手ならばこういう
チームを離れた場所で協力姿勢を示すことは
良いことだと思うのだが。


パリーグの東西対抗戦は今年限りの
廃止が発表された。
それ以外でもアジアのクラブナンバーワン決定戦。
2回目があるのかわからないがWBC。
プロ野球公式戦以外の試合が増えて
いるのだ。
自分の年俸に跳ね返らない、
球団にお金が落ちないのだから
出場する必要はない。
こんな気でいるのなら残念だ。


ただでさえ集客力のある選手が
メジャーへ流れて苦しい状態なのだ。
せめて全日本の試合には協力する
くらいの姿勢を示さないとお客さんは
離れるばかりであろう。


落語
2006.11.02(Thu)
今日は出社2日目。
同期の顔と名前も一致してきた。
明日からは3連休だ。
これまで半年以上サボってたのに
2日働いた後の3連休はちゃっかりと
嬉しかったりする。
人間の体と心はすぐに新しい
環境に順応できるようにできて
いるのだろう。
なんとも不思議でゲンキンなものだ。


上方落語家の桂三枝さんが
秋の紫綬褒章を受章したそうだ。
あの人は以前から創作落語に
熱心に取り組んできて新しい
落語小屋の設立にも尽力し
上方芸能界の重鎮である。
関西人としてはこういう笑いの
世界の人が国の文化人として
認められるというのは嬉しい。


やっぱりこれだけお笑いブームとか
言われて大した実力もない漫才師だか
タレントだかわからないようなのが
たくさん出ているのに落語の新星は
出て来ないですよね。
そのなかで大阪に寄席ができたというのは
本当に上方芸能界では熱い話題なわけ。
だけど結局はテレビで露出したもの勝ちで
落語家は日の目も見ない。
例えば小枝や鶴瓶や笑瓶のように
落語よりもテレビがメインというのも
一つの方法だろう。
しかし落語家の評価は落語で得るべきで
その点でこの業界の将来性には
大きな危惧を抱かざるを得ない。


これから漫才師やお笑いタレントを
目指す若者は出つづけるとしても
落語家を目指す若者はいつか
消えてしまうのではないだろうか。
とても心配だ。
長瀬のドラマの影響で人気が
上がっていると言っても
一過性の現象をさほど過大評価
するわけにもいかず。
地道に学校の文化鑑賞行事を
回るなどの草の根活動をする
わけだが受け手の若者が
それを受け止める気がないと
楽しめない。


古臭いとか思わずに漫才を
見て楽しいと思える人なら
誰でも楽しめる芸なのだ。
演じようとしても座布団に
座るだけでステージができる
というシンプルさ。
一人でできるわけだし。
三枝さんの受賞がいい弾みに
なればなんて思います。


補修は50時間て!
2006.11.01(Wed)
今日は新しい職場へ出社初日だった。
ひたすら座学で少々疲れた。
お尻も痛いぜ。
よさそうな感じの人ばかりで
そっと胸を撫で下ろしたって
感じですわ。


さーてさて、連日取り上げて
おりまするところの未履修問題。
どうやら最大で50コマまでの
補修(何度も言うが補修ではない)に
するとの最終案が出たようです。
え?350コマの学校の残り300コマは?
政府は現実の時間の制約に負けたのか。
これで本当にいいのか。


ズルしても罰もないんだな。
ズルしても高偏差値校に入れればいいんだな。
学校も生徒も両方がそう思ってるのだから
この国の教育は困ったものだ。
真面目にやってる人よりも
ズルをする人の方が優秀なのか。
なぜ不公平感というものを
考慮に入れて全面的な未履修授業を
実施できないのか。
人生の教訓を生徒に教える絶好の
機会ではないのか。


それに内申書や教育委員会への
報告書類を偽っていたのなら
校長を公文書偽造の類の罪で
逮捕できるのではないだろうか。
いや間違い無くできるだろう。
実際に何百人の校長を逮捕すると
なると混乱が起こるからしないだけだと
思うのだが。
そのくらいの警告はこれからでも
遅くはないので文科省と警察が
協力してすべきだ。


もうこの問題はグダグダだ。
どこかの校長は自殺するし。
なんだか日本人の心の腐敗は
行き着く所まで来たような
末期的な症状に映る。
繰り返し言うが、真面目な者が
泣きを見て、バレなければ何を
してもいいという風潮は断じて
許すべきではない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。