スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.18(Mon)
昨夜はNTV系NNNドキュメント07を観て寝た。
今日はそのあらすじと感想を。
岐阜県中津川市の市会議員である小池公夫さんは
咽頭癌を患って発声機能障害をおうこととなった。
問題は議会の答弁などをどのようにこなすか。
小池さんは議長に代読を認めるように何度も
提案をしたが、いずれもまともに取り合ってもらえず
今年3月の2期目満了まで結局認められなかった。
小池さんは志半ばで議会を去ることとなる。


はっきり言ってこの議会のレベルは低すぎると感じる。
そりゃ政治は数が物をいう世界だろう。
共産党系の少数会派の小池さんにとっては
ただでさえ苦しい議会運営が強いられているのに
声が出ないというハンデキャップはいかんとも
しがたい。
それを議長会派の議員は「本人の努力不足」と
一丁両断してしまうという非人間さ。
こんな連中がまともに地方議会を回していけるのか。
かなり疑問に感じる。


議長はパソコンの音声変換を用いることで
決着を図ろうとした。
だがパソコンと代読、どちらのコストが安くつく?
どちらがスムーズな議会運営ができる?
この係争に費やした時間を他のことに
有効利用できたのではないのか?
市民感覚から乖離した奴らに政治を任せたいとは思えない。


地元の弁護士会から人権救済の申し立てとして
代読を認めるように勧告書がきたがそれすらも
議長らは無視をした。
いわく「これは権利ばかりを主張していて
その裏にある義務を果たすという視点が抜けた
一方的なものである」ということらしい。
ならば声を失った小池さんが議会において
どのように義務を果たせばよいのか。
実質的に発言の機会という権利が奪われた
状態で義務も何もないだろう。
議長は全ての議員に等しく発言の機会を与える
議会運営を心がけるという義務を果たしているのか。
少数会派には発言権を与えないという議長の
独断的性格そのものではないか。


国としても障害者の政治参加に向けて
もっと努力をしてほしいし、このように
個別具体的なケースが出てきている以上
何らかのガイドラインが必要ではないか。
代読や手話、要約筆記者などを当然の権利として
行使できるようにすべきだろう。
中津川市議会の化石のような頭をした連中を
相手にしなければならなかったのが
小池さんにとっては不幸なことだった。
裁判中らしいのでどのような結果が出るか
注目しておきたい。

前中津川市議会議員 小池公夫のホームページ

スポンサーサイト

2007.01.22(Mon)
そのまんま東氏が宮崎県知事選に勝利した。
今日からは東国原氏と呼ぶとしよう。
はっきり言って絶句した。
絶望もした。
宮崎県民はシャレが好きなのだろうか。


県民は前知事の失政を責め反省を促し
自らも有権者として考えさせられたのでは
なかったのか。
いや反省どころか何も学ばず完全なる
思考停止状態に陥ってしまっているようだ。
ニュースのインタビュー映像を見ると
賛成派の声は「思ったより誠実」
「真摯な気持ちが伝わってきた」といった
声が多いようだ。


それは県民がタレント候補という色眼鏡で
東国原氏を見ている証拠ではないのか。
「そのまんま東ってテレビで見ているよりは
真面目そうじゃないか」
「さすがにタレントだけあって爽やかそうな
人だなぁ」
こう言っているようにしか聞こえない。
タレント候補ということで他の候補者と
別枠で考えてしまう有権者がまだまだ多いのだ。


私は東国原氏の能力を疑うわけではない。
なかなか具体的な政策の中身までは
全国ニュースで取り上げられないので
その点で評価のしようがない。
ただ初期の会見で難解な外来語表現を多用したり
その中に言い間違いが多分に含まれていたりと
いったあたり表面的な政治の勉強はしてきたけれど
それを表現していく力はないのだろうとは
察しがつく。
問題は前知事が逮捕された直後の選挙で
実績のないタレント候補で本当にいいのかと
いうことなのだ。
知っている人が東国原氏しかいないから
とりあえず投票しておこうという有権者が
多数を占めているような気がしてならないのだ。
宮崎県人には悪いがはっきり言って
「宮崎県人はそこまで民度が低いのかよ!?」という
評価になった、私の中では。


むしろ何も知らないからベテラン職員や議員に
取り込まれて知らず知らずのうちに取り返しの
つかない失政をやらかさないかと心配になる。
他の候補者に有力者がいなかったのが功を
奏したのだろうけれど。
前知事が逮捕されたのにその程度の候補しか
用意できない各党や宮崎県の弱体ぶりが
際立つばかりだ。
民主党のダメ具合については語るまでもない。
いっそCMのように一回完全に難破してしまった
方が良いのではないだろうか。


とにかく新知事の誕生には驚いたけれど
実績でもってイメージ回復を図ってもらいたい。





2006.12.24(Sun)
ディープインパクト優勝!
マジで強すぎる。
生中継で見れなくて
夕方のニュースで見ただけだけど
それでも感動で泣けてきた。
ありがとう。


大阪市営地下鉄の新線である
今里筋線が開業したそうだ。
したそうだ、というのも
こちら関西でも全く話題に
なっていない。
むしろそんな新線ができたことを
知らない人の方が多いのでは。


大阪市はどういう計算をして
この線の収益を成り立たせる
つもりなのだろうか。
従来線は大阪市内の中心部を
東西南北に走るような形だったが
この今里筋線は市内中心部から
離れていて、正直言ってマイナーな
駅名ばかりだ。
しかも沿線人口は減る一方だそうだ。


大阪市はバブル期と現在が違う時代だと
いう認識がないのだろうか。
なぜバブル期に決めたことだからと
なんでもかんでも着工するのだろう。
破産寸前の財政状態なのに、
収益の全く見込めない地下鉄を
作るなんて正気の沙汰とは思えない。


大阪ドーム、南港開発、OCATなど
丼勘定の計画は上手くいかないことを
市はこの10年で学んだのではないだろうか。
なぜ市政の異常な状態に対して市民は
もっと声をあげないのだろうか。
今里線なんて沿線住民以外は誰も
望んでいないだろう。
そのくらいのローカル線になるのは
目に見えている。
ツケが自分達の税金に回ってきている
ことくらいは大阪市民でもわかっているはず。
お金にシビアな大阪市民ならもっと怒りの声を
届けるべきではないだろうか。


 


2006.12.20(Wed)
青島幸男さんがお亡くなりになった。
岸田今日子さんもお亡くなりになった。
両者ともに古きよき個性派テレビ人といった
印象が強い。
寂しい限りだ。
ご冥福をお祈りしたい。


青島さんの後を継いだ人といえば
東京都知事の石原慎太郎氏。
このところ激しい非難に晒されている。
明らかに身から出た錆びだ。
共産党はこういう細かい指摘を
するような仕事がつくづく得意だと思う。


大阪市には市民オンブズパーソン組織の
「見張り番」という組織があって
ここ数年の市の無駄使いをかなり
暴いて住民監査請求を行ってきた。
東京も市民が頑張ればもっと
石原都政の怪しい部分が出て来ると思う。


FNS系「スタ☆メン」に石原氏が
出演していてレギュラー陣から総攻撃を
浴びていた。
しかしまるで要領を得ないノラリクラリとした
歯切れの悪い答え方しかしていなかった。
謝らないキャラなのはわかっているけれど、
出張費の高額さなど明らかに今後は修正できる
ことなのだから一言改めると言えばいいのに。
あの苦しい弁明を聞いていると疑惑の
数々は本当なのだろう。
はっきりと否定する言葉も出なかった。


もともと石原氏は好きではない。
やはり冷静に見ても石原氏は極右に
分類されても仕方ない人物だ。
極端に偏った思想の持ち主に首都の知事を
任せたいと私は思わない。
それといわゆる芸術家の思考回路は
政治向きではないと思う。
頭の成り立ちが違うのだから仕方ない。


これで3選は厳しくなるだろうか。
いまいち都民の声が聞こえてこないのが
前から気になっている。
単に有名人だから石原氏に票を投じて
きたのだろうか。
どのような政治思想かも実際にどんな
都政が行われているのかも知らないのでは
ないだろうか。
こういう目立つ疑惑が起こっても
有名人のやることだから仕方ないね?と
割り切れるのだろうか。
何となく都民の姿が見えづらい。


2006.12.08(Fri)
奈良市の病欠職員の問題で
市は調査の結果として
仮病などは確認できないという
結果を発表した。


常識で考えてある病気が
治って続けざまに違う病気に
罹るというサイクルが何年も
続くということは有り得ない。
市はもはや常識で疑うという
目すらも無くしてしなったらしい。


問題の職員達もこの期に及んで
真実を話さないとは市民を舐めて
いるとしか思えない。
自分達が不正受給した給与は
市民の税金から捻出されているとい
意識は全くないらしい。
反省するならば不正受給分を
全額返納するくらいの誠意を
見せたらどうなのか。


診断書を書いた医師も医師だ。
自分が犯罪に手を貸しているという
意識はなかったのだろうか。
聖職の立場にあるものが
患者の言いなりになって
犯罪に手を貸すとは何事か。


どの側面を取っても今回の
調査結果から奈良市に自浄能力は
感じられない。
地方行政府よりも一民間団体の方が
力を持っているという慣行が
改まる気配は全く感じられない。
いっそのこと住民監査請求をして
不正受給分の返納を求める争いを
市民がしなければならないのでは
ないだろうか。
そうでもしないと奈良市は
事の重大さに気付かないのでは
ないかと思うのだが。
  


タブーとは何ぞや?
2006.11.28(Tue)
さーてさてさて。
今月はブログをサボりすぎましたなー。
申し訳ない。
またちょくちょく書いていきましょう。


このところ報道は下火になってきたけれど
奈良市職員の給与不正受給事件。
数日前の報道によると警察の捜査では
本当に病気であったのか、
仮病で医師に偽診断書を書かせていたのかが
立証できなかったらしい。
それで本当に連続して様々な病気に
罹っていたという結論になったそうだ。


そんなバカな!
警察は何をやっているのだ!
医師は何を恐れて真実を話さないのだ!
奈良県警という公権力をもってしても
部落解放同盟幹部たった一人を切り崩すことが
できないようだな。
これは失望以外の何者でもない。
真実は明らかではないか。
本気で捜査する気があるなら容疑者の
体を徹底的に調べればいいじゃないか。


これで明らかなのは警察という公権力より
部落解放同盟という民間団体の方が
上だということだ。
相手が解放関係者でなければ医師も早くに
口を割っていたはずだし警察の追求も
もっと深いものであったはず。
結局は警察捜査の現場においても
越えられないタブーがあるということなのだろう。
情けない話だ。


このところ広義でのタブーに興味がある。
自治体が抱えるタブーやマスコミタブーなど。
我々一般人の生活にもきっとたくさんの
タブーが存在する。
なぜタブーはタブー足りえるのか。
それによってどれだけの欺瞞が世の中に
氾濫して我々は不利益を被っているのか。
綺麗事だけで国が成り立っているわけが
ないではないか。
光があれば影があるのだ。
虐げられた弱者の姿をありのまま見ること
報道すること、それを平等に扱うことを
なぜタブー視するのだろう。
生き辛い世の中をより一層生き辛くしているのは
我々自身かもしれない。
自省も込めて色々と思うことが多い
今日この頃でございます。


これだから役人仕事は
2006.09.07(Thu)
サッカー日本代表の昨夜の試合は
苦しかった。
まるでパスが繋がらない。
荒れたピッチや気候条件などを
戦前からわかっているのだから
もっと対策ができたはず。
悪いピッチに合わせたそれなりの
サッカーができたはず。
90分経ってもフィットできないとは
準備不足と選手の適応能力のなさと
しか言いようがないのでは。


世の中の役人の怠慢もここまでかと
いうようなニュースがあります。
海外留学帰りの女性が大阪の免許交付場で
失効した免許の再交付を申請したところ
誤って仮免許証が交付されていた。
そしてミニバイクを運転中に無免許運転で
警察官に検挙されたと。
そして裁判になったが大阪地裁は
争うまでもないと控訴を取り下げるという
異例の良識ある対応をしたというニュース。


免許交付場に勤める人って警察官とか
そのOBとか外郭団体とかですよね。
どれだけいい加減な仕事をしているのでしょう。
一日で凄まじい人数の事務処理をこなして
いるのはわかりますが、一件のミスさえも
許されない仕事でしょう。
しかもそれで誤認検挙をしておいて
尚も引き下がらず交通違反であると
雁として譲らないという。
どんな組織体質をしているのだか。


あと女性ももうちょっとしっかりしてよーとは
思いますよね。
免許証と仮免許証の違いなんて
交付されたその場で確認できるでしょう。
おそらく仮免許証ってペラペラの
紙だと思うのですが。
それで一人でミニバイクで公道を
走る事ができないことくらいは
免許を持つ人ならわかるはず。
その場で確認すべきだったでしょうね。
それとも交付場で異議を申し立てたのに
取り合ってもらえなかったのでしょうか。


こういう事件を見ると本当に御上の
仕事は杜撰だということがわかります。
これからは住民票を取りに行っても
免許の書き換えにしても本当に
中身が間違いないかをその場で
確認しないといけませんね。


大阪市と京都市
2006.09.01(Fri)
図書館で沖縄民謡のCDを借りて
きて聞いています。
BEGINや夏川りみなど現役の
歌い手さんはたくさんいますけれど、
昔の民謡もなかなかよいです。
反戦歌、労働歌、女郎と男性の
駆け引きを歌ったり。
一般的なトロピカルイメージの
沖縄ソングとは違った民衆の目線に
立った民謡集です。
ライナーノーツにあるのですが
芸能とは言葉がわからなくとも
フィーリングで伝わるものを言うらしい。
なるほど。なるほど。


さてさて昨日の石原都政に続いて
今日は大阪市と京都市の不祥事について。
とにかくこの数年でどれだけの
職員が不祥事を起こし逮捕され、
また減給など処分を行ったかわからないほど。
大阪市の関市長など減給に次ぐ
減給でおそらく現在の給料はおよそ
大都市の市長とは思えないほどの
額に落ち込んでいるはずです。
それでも市長の座に居座るとは
本気で改革に燃えているのか
それでもなお権力の座に固執するほどに
市長という役職はおいしい仕事なのか。


いっそ辞任という決断には至らないので
しょうか。
醜態を晒すくらいなら議会や職員と
必要以上のしがらみを持たないような
人物に改革を託すべきだと思いますが。
京都市なんて毎月のように職員が
覚せい剤使用で逮捕されてますからね。
しかも環境局という特定部署に
連続して起こっています。
真面目に働いている職員まで市民から疑いの
目で見られそうでかわいそうですね。


ここで大阪、京都が不祥事続きの原因として
挙げたのが「旧被差別部落出身者を
優先雇用した結果」というやつです。
現実にこういうことが行われてたんだーって
感じがします。
これからは改めていくそうです。
大阪市はさらに同和関連施設の縮小や廃止に
踏み切り市民の誰もが利用できる施設に
徐々に変えていくそうです。


歴史と関連した非常にデリケートな
問題なのですが、良い方向に進むことを
希望します。
いわゆる同和地区の方々がいわれの無き
差別に苦しみ困窮した生活を強いられた
という過去については誰もが理解すべきです。
そしてそれにたいして大阪、京都ともに
手厚い支援をしてまいりました。
しかし時代が変わりエセ同和と呼ばれる
利権団体が幅を利かすようになり
市政を圧迫するような現状が起こっているのも
事実でありましょう。
大阪市と飛鳥会の関係しかりですね。
このまま行政とのべったりとした関係を
いつまでも続けられるわけもありません。
ただでさえ厳しい地方財政です。
改めるべきは改めなければなりません。


大阪市の話ばかりですが
大阪シティドームの元社長が海遊館に
天下りをしたり相変わらず第3セクター間を
ウロウロする大阪市政の重鎮達。
それを認める関市長。
同和行政の縮小は良いですが
行政を動かすのは箱モノパッケージではなくて
中身の人間です。
人心一新なくして改革はできないのでは?


オリンピックと東京都
2006.08.31(Thu)
オリンピックの国内候補地が東京に
決まりましたね。
あくまで国内候補地ですので
ぬか喜びはせぬように。


都民の反応はどのような感じなの
でしょうか。
正直な話関心がないというのが
多いのでは。
福岡の反応は「それ言わんこっちゃない」と
いう感じの負け戦に負けるべくして
負けたのだからいいじゃん、みたいな
冷めた反応のようです。


もしも自分の地元がオリンピック候補地に
立候補したらどう思うでしょうか。
あたしなら「止めてくれよー」って
感想を持つかもしれません。
だって始まるまでに沢山工事したり
始まったら電車がずっと満員になったり
するわけでしょ?
喜ぶのは建築業者や交通会社や
スポーツ関連会社、飲食店や小売店くらいで
しょうか。
あたしはどれも関係ないしーって
冷めた感じになると思います。


現実の話として08年が北京、
12年がロンドン、ならば16年は
北米に落ち着くのが無難でしょう。
アジアに開催地が巡ってくる可能性は
極めてゼロに近い。
これで招致失敗になると
「端から招致委の選択にアジアは
入っていなかった。無理な立候補だった。」
なんて辛辣な記事が踊るわけですよ。


福岡じゃないけど東京だって負け戦に
挑む必要はないと思います。
暗黙の持ち回り開催ローテを覆して
アジアで開催しようとなると他の候補地に
圧倒的大差で勝たなければ無理でしょう。
そりゃ石原都政にとっては建築業界に
たくさんの需要を産み、都民が一丸となって
盛り上がるイベントを開催できるとなれば
財政的にもおいしい部分が多いのでしょう。
ただ現実としてやはり厳しい。厳しすぎる。


大阪の失敗を繰り返すことになるような
気がしてならない。
関西住みのためにおおよその反応は
わかるのだが当時の大阪市民の反応は
冷ややかであった。
「苦しい財政状況で市は何を考えているのだ」
「他にお金の使い処があるだろう」
「これで招致失敗となったら新規の会場はどうなるの」
などなど。
案の定、市の財政は苦しくなる一方。
大阪ドームをはじめ会場となるはずだった
大型施設を運営する第3セクターは軒並み
稼働率が低く破産状態。
市財政そのものも破産といっても
過言ではなかろう。


二の轍を踏みそうな気がしてならない。
財政面の負担はもとより都民感情を
いかに味方にできるかが石原都政の
力の見せ処であろう。
都民の協力なくして成功はない。
また政府首脳によるロビー活動が
なければアピールはままならない。
都の課題ではなく国の課題として
取り組めるか否か。
これから長い戦いになるが
遠く関西から見守っていきたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。