スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.07(Wed)
小沢一郎という男は何なのか?
これでは究極のツンデレじゃないか。
何が狙いなのかな。
こういう状況も折りこみ済みなのだろうか。


それにしても今日の民主党議員達の異常なまでの
小沢氏への気の使い方は見ていて気の毒だった。
口を揃えて「小沢さんは変わった」
「これで党内は一つになる」だとか。
何を言っているのだか。
国民はこれで小沢一郎という政治家に完全に
失望してますよ。
もう信頼を取り戻すなんて絶対無理。
男気の欠片も感じてない。
むしろ向こう見ずで危ない人物だという
評価が決定的になった。


一度辞意を発表した党代表がたった二日で
慰留に絆されて戻ってくるという異常事態。
むしろ戻ってこない方が民主党が本気で
変わろうとしているという意欲が有権者に
伝わってよかったのでは。
この小沢氏の決断はますます民主党を
茨の道に引き込むようにしか思えない。


もしかすると小沢氏は党首会談での福田提案を
暴露するために敢えて危険を犯して自らの
辞任という自爆テロを起こしたのではないか。
あーもうよくわからん。
この辞任劇は誰が仕掛けて誰がほくそ笑んで
誰が泣いているのか。
全く見えてこない。
巷間指摘されているようにナベツネだとして
たかが一新聞社のジジイが出しゃばるなって
だけの話だし。
福田が笑っているのか、小沢が笑っているのか。
考えれば考えるほど理解から遠のいていく。


スポンサーサイト

2007.11.04(Sun)
今日の小沢代表の会見要旨はつまり
「政治的混乱を招いた」
「執行部から信任を得られていないに等しい」という
ことになるのだろうか。
だから辞任というのはイマイチ結びつかないが。


福田総理からの提案は防衛政策に関して
一国に追従する形ではなくて国連中心に
動く小沢理論を飲んだ上で大連立を組もうという
提案だったらしい。
それはそれで驚きだ。
これが実現すれば自民党史に残る大きな政策転換に
なった可能性もある提案だ。
今の自民党はそこまでしても与党に留まりたいという
切羽詰った状況にあるということか。


それを小沢氏は悪くない話だと感じたようで
党に持ち帰ったと。
だが執行部は皆反対をして、小沢代表は自分が
孤立していると判断。
だから信任を得られていないので辞めますと。
どうも腑に落ちないなぁ。


それって代表として信任を得られていないと
イコールになるのだろうか。
いっちゃ悪いが一つの論点について組織内の
全ての声がまとまることなんて有り得ない。
ましてや党の成り立ちからして野合的な雰囲気は
否めない民主党でそれは無理だろう。
執行部ですらそのウイングは広い。


昨年の4月に代表に就任して以降の
小沢氏はほぼ全ての政策、政局に関して
自らの天の声を存分に発揮してきた。
まるで有無は言わさないと言わんばかりの
強権ぶりを発揮してきた。
思えばこうして重大案件に関して執行部に
諮るという民主主義を信奉する政党として
当たり前の常識すらこれまで一年半は
忘れられてきたのではないか。
それが初めて会議に諮られたところ
見事に代表の意向にNOが突きつけられたと。


結局、民主党をどういう方向に舵取りを
していくかという基本方針について
代表、執行部、その他若手中堅の間で
意思統一がなされていないということだろう。
野合は野合のままで党内議論すらまともに
まとまらない最大野党。
それを豪腕で押さえつけてきた小沢代表が
今後の党の生死を決めるべく行われた重大な会議で
あっさりと否定されたという現実。
やはりこの党は誰がトップになったところで
寄せ集めの野党であるという殻を破ることが
できないということではないだろうか。


また小沢代表は会見でまだまだ政権担当能力を
含めて未熟で若い党だからトップが変わることに
よって党も変わらないといけないと指摘した。
しかしそれは小沢氏のような類まれな経験値を
持つ政治家だから指導できることではないのか。
若い党だから更に若返るべく次代に譲りますなんて
余裕は全くないだろう。


それとそもそもの大連立だが小沢代表は
一度自民党と共闘することで党是としての
生活政治が実現できるとしている。
しかし相手は自民党である。
かつて社会党を抱き込んだ自民党である。
勢いがあると言っても未熟に違いない
民主党が自民党とガップリ四つで連立を
組めるというのは現実離れしている。
体よく丸め込まれて骨抜きにされるに
決まっている。
大連立を実現すれば自分達の政策が
できるという意味がわからない。


つまり小沢氏は「政治は生活である」や
国連中心主義の国防政策を実現したいという
熱い思いは確かに強く持っているのだが
それは必ずしも現在の民主党という
屋台骨を借りなくても仮に自民党に
吸収されても自らの思いを遂げられれば
それで良いということなのだろうか。
つまり新生党、新進党、自由党、そして民主党も
利用できるだけ利用しただけということか。
そう思えば小沢氏は他の民主党員よりも
遥かに遠くを見ていたことになり
意思の不一致が遅かれ早かれ起こっていたという
見立てもできなくはない。


会見後半のマスコミ批判と質疑応答の
態度はいただけなかった。
もう最後だからとことんヒールに徹したと
いうのだろうか。
マスコミがここ数日まるで中傷報道を
行ったようにキレまくっていたが
自意識過剰じゃないか。
そもそも自分達がまともに党首会談の内容も
明らかにせず説明責任を果たしているとは
言い切れない状況なのだからマスコミは
少ない情報の中から記事を書かなくては
ならないだろう。
それら全てが完全に真実に合致するはずはない。
ここ数日の小沢氏をはじめ執行部の怪しいともいえる行動や
言動を見ていると何かあるなと勘ぐるのは
当然だろう。
結果として誤報も幾らかはあったかもしれないが
安倍氏を好き放題に攻撃して退陣に追い込んだ
小沢氏やマスコミがどうこう言える話ではない。


それにしても民主党のブーメラン現象は本当に見事だ。
何かチャンスを掴んだら必ず内側から何かが起こって
自滅していく。
また民主党の自爆の歴史に新たな1ページが加わった。
後任に適任者がいるのだろうか。
さしあたって適任な人物がいるようには思えない。
小沢氏自身も無役のまま党に留まるとも思えない。
何にせよ、民主党が不利になって自民党に微かな
追い風が舞い戻ってくるのは間違いない。
ひょっとするとすごい追い風かもしれない。
まだまだ小沢氏の辞任の真相が見えてこないので
もう少し見守りたいと思う。


2007.11.04(Sun)
驚天動地!
まさかのまさかのまさか!
小沢代表が辞意の方針を固めたぞ。
まだ会見が行われていないので
詳しいことはわからない。


安倍前総理がKY(空気読めない)だとすると
小沢さんはKYどころの話ではない。
超弩級のKYである。
民主党はこの3ヶ月間は昇り龍だった。
決して国民の方を向いた党運営ではなかったが
何が何でも政権交代を真っ先に果たしたいという
戦略は理解できる。
戦術はまず過ぎたけど。


こうして見てくると小沢一郎という政治家は
何がしたい人なのだろう。
自民党を飛び出して散々結党と解党を
繰り返した挙句に終の住処として民主党で
最後の大仕事をするはずではなかったのか。
そのために決して得意ではない代表の役職を
一年半ほどこなしてきたのではなかったのか。
しかも民主党結党以来最強の追い風が
吹いていたというのに。
目前に小沢一郎の政治家としての集大成つまりは
自民党の下野というゴールが見えていたのに。
自身の体調と保守系世論からの批判を除けば
何も不安要素もなかったのに。
あえて、あえてである。
あえてチャンスをふいにした。
小沢個人のロスだけではない。
全ての党員、党友、支持者の期待を裏切った。
ウイングを左右に大きく広げたので
打倒・自民で友好関係にあった左派の
期待をも裏切ることになる。


こうして見てみると福田康夫という人物が
どれだけ恐ろしいかという思いがしてくる。
あの2回の党首会談での大連合提案は
最後の引導を小沢代表に突きつけたことになる。
福田流の「抱きつき」戦略は確実に小沢代表を
窮地に追い込み、民主党内での小沢代表の
求心力を弱めていった。
あ?福田康夫は恐ろしや。
小沢氏を知り尽くしている自民党執行部だけに
何が敵を弱めることになるのかを知り尽くしてる。
「抱きつき」爆弾は大爆発を起こした。


これで民主党は空中分解する可能性がある。
昨日も指摘したが民主党の前原グループら
小沢指揮化で冷遇されてきた若手・中堅が
一気に力をつけるかもしれない。
遠慮なく飛び出すかもしれない。
本当の政界再編はこれから始まる。
まずは小沢氏の会見を待とう。
政局は動くぞ。
面白くなるぞ。



2007.11.03(Sat)
保守大連立はならなかった。
マスコミは何を期待してか、ことあるごとに
大連立の可能性を囃し立ててきた。
私はそれがマスコミだけの話題だと思っていたけど
まさか福田総理がそれを本気で模索していたとは。


小沢さんが話に乗らないのは当然だろう。
ここまで野党共闘を進めてきたのにそれを
反故にして大連立に走るのは有り得ない。
民主党的にもあまりにも仁義にもとる。
福田総理もそれはちょっと違うんじゃねえかと。
確かに死に体の党を復活させるには敵を
内側に抱き込んで数を増やすという作戦は
ない話ではない。
だが今年の政局の流れと近未来の予測を
考えると小沢民主党が話に乗るわけはない。
小沢さんが十数年越しで掴んだチャンスを
みすみす離すわけがない。
提案するだけ無駄。


私の希望としては前原・枝野チームが
自民党の若手中堅と共に真の保守政策政党を
旗揚げする。
やっぱり民主党内の右派からすれば現状の
小沢流には相当のフラストレーションが
貯まっていると予想するわけで。
このまま小沢さんをのさばらすくらいなら
ごっそり離党して困らせてお灸をすえる
くらいしたほうがよいのでは。
この国政の空転状況をいち早く修正して欲しい。
本当に国民が求めるのはそれだけ。
早く気づいてくださーい。


2007.11.03(Sat)
海自のインド洋上での活動が
特措法失効に伴って終了した。
これから3週間ほどかけて帰国の途につくそうだ。
まずは隊員に対してお疲れ様でしたと心の底から
謝意を述べたい。
これはいかなる立場であれ日本国民として当然かつ
自然な感想である。


気温は40℃を超えて甲板上では50℃を超えるという
人間離れした環境での国際貢献。
テロとの戦いは先進国として当然の務めである。
そりゃ確かに後方支援といえども戦争に
加担していることには違いはないだろう。
でも民生だけで平和は維持できない。
世界トップクラスの軍備を持つ自衛隊なら
当然憲法の制約下において果たせるべき役割を
果たすのは自明のことである。


対米追従?
テロの脅威は特定の国に限定したものではない。
アメリカと同盟国であるという認めたくない
現実がある以上は日本がテロ標的国となっても
おかしくない。
いや、特に西側諸国はみなそうなのだ。
それを手をこまねいてアメリカ様に全面的に
我々の生命を委ねるようなことができようか。
我らの国家、財産は我らの手で守るべきだ。
洋上での給油活動は来るべき自立の時に向けての
格好の経験になると私は考える。
国内の政争の具にした挙句にみすみす撤退するような
愚行は国益の観点からするとマイナスでしかない。


かたや一国平和主義はいけないという意見もある。
しかしそれも違う。
アメリカは究極の一国平和主義の国である。
ならば我々もそうあろうではないか。
好んで給油をして国益と評判を得られるだけ
得ようではないか。
どうせ自衛隊が陸上作戦に参加したところで
足手まといになるだけだ。
それなら安価、安全な洋上給油にコミットするのは
必ずしも消極的な選択肢とは言えずむしろ
積極的な外交政策だと言える。


とにかく灼熱のインド洋で激務に激務を重ねた
海自のみなさん、ご苦労様。
きっと国民世論は皆さんの功績に気づくときが
近い将来やってくる。
その時にはまた温かい拍手でもって皆さんを
送り出したいのでそれまではしばしの休眠状態で
お願いいたします。
こんなところかな。



2007.10.31(Wed)
鳩山法相の「友人の友人がアルカイダ」発言は
熱すぎる。
高田延彦風に言えば「お前男だよ!」だ。
国務大臣がこういうことを公の場で発言できる
感覚というのはどういう思考回路をしているのだろう。
佐藤優さんの著書をこのところ図書館で借りまくってて
面白くて現状市販されているのは全部読んだ。
だけど鳩山発言などは佐藤氏から見れば
「インテリジェンスの意識の欠片もない危険な大臣」って
ことになるのだろう。
やっぱり国際テロ集団との関係を冗談だとしても
口にすべきではないよな。
別にこれだけに関わらずこういう人物が大臣を
勤めているというのが怖いことなのだけど。
あ、なんだか昨日の記事の対象者が変わっただけで
同じような記事になっちゃったw




2007.10.30(Tue)
金大中事件に関して韓国側から
町村外相に遺憾の意を示してきた。
それを受けて福田総理は未来志向の関係を
作るべきなので、これ以上どうこう言うことはないと
コメントをした。
この人はわが国の主権侵害に関して何ら
感じるものはないのだろうか。
いや、ないのだろう。
福田さんは過去のことを水に流すのが
お好きな人のようだ。
これまでもそういう感覚で世渡りをしてきたのだろう。
本当にこの人に国政を任せて大丈夫かしら。


守屋前事務次官の疑惑
2007.10.19(Fri)
守屋前事務次官のゴルフ疑惑が出てきた。
まぁあの人の場合はいかにも影でコソコソやってそうで
別にスキャンダルの一つや二つ出てきたところで
格別の驚きはない。
しかし驚くべきは民主党の態度だ。


守屋氏の証人喚問を求めるのは結構なことだ。
国民だって真実を知りたいはずだ。
だが何故この疑惑を特措法の議論に絡めようとするのか。
一官僚の個人的な疑惑と国家防衛の行方を左右する
重大議案を同列に扱う民主党の政治センスの愚劣さ。
いわく証人喚問が実現しなければ特措法論議には
応じないそうだ。
優先順位を誤ってやいないか。


国民を舐めるなといいたい。
ちょっと上げ潮に乗っているからと調子に乗りすぎではないか。
有権者は民主党が自民党に正々堂々と対決をして
歪んだ政治状況を正してくれるものと期待したのに。
やっていることは全く逆じゃないか。
これだから民主党は信用できない。
今回の守屋氏の疑惑だって何もこのタイミングに
争点として持ってくることはない。
明らかに特措法の延長論議に横槍を入れたい
勢力の仕業としか思えない。


別に自民がいいとか民主がいいという話ではなくて
国民の税金で運営されている国会という場をつまらない
政争の場にしてほしくはないのだ。
どうしてお互いの政策論議を正面からぶつけることが
できないのだ。
どうして国民の方向を向いた政治ができないのだ。
とりあえずこのところの民主党の態度には
はらわたが煮えくり返る思いがする。
小沢さんよ。
逃げているのはあなたか福田総理かどちらなのだ。
胸に手を当てて考えてほしい。



2007.10.18(Thu)
テロ特措法の議論はどうなっているのだ。
こんな与野党の枝葉末節の論議が国民の方向を
向いたものだと言えるのか。
イラク転用がどうとか、
ISAF参加が合憲か否かとか、
まるっきりどうでもいい。
この法律にどう取り組むかは
今後の日本の外交・国防方針を
世界に向けてアピールする好機会では
ないのか。


はっきり言ってキティホークや
F?15戦闘機が横須賀や沖縄から
出発しているのだから直接であれ
間接であれ協力しているのは間違いない。
オイルがどうしたこうした以前の問題だ。
これを前提に与党もいつまでもウソぶくのでは
なくて最大限情報公開できるように
努力をしなければいけない。


しかしそれ以上に小沢民主党の態度は
いただけない。
まるで駄々っ子そのままじゃないか。
ISAFについては私も限りなく違憲だと思うが
何はともあれ対案を一つ出したことは評価する。
それを武器にガチンコで対決すればいいのに
まるっきり議論を噛み合わせる素振りすら
ないのだからひどいものだ。


これ以上低レベルな国会を続けていると
世界の笑い者になってしまう。
もういい加減にしないと国民はそっぽを
向いちゃうぞ。


2007.10.03(Wed)
福田総理への代表質問が始まった。
見事に原稿に目を落としたままの官僚答弁。
今時あれはないだろう。
誰か注意する人はいないのか。
原稿なんて見なくても勉強してこいよ。
想定問答にない質問が来たらまともに
答えられるのか不安になった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。