スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野球ブローカーの実際
2007.11.18(Sun)
昨夜のテレビ朝日系「テレメンタリー」で
高校野球の特待生問題をやっていた。
野球ブローカーに実際に接触してインタビューを
するというなかなか優れた取材だった。


ブローカーは学校からスカウト活動を一任されていて
有望な中学生や顧問に接触をする。
特待制度の利用を生徒に勧める。
スカウト活動に成功すると学校からの報酬と
生徒からの謝礼金を受け取るという商売らしい。
生徒には「こんなに安く憧れの学校に入学できたのだから
謝礼くらい貰って当然でしょ」くらいの感覚で
謝礼を請求するらしい。
そして高校に捻じ込んだ生徒を入学後も
高校の監督に優先的に使うように働きかける。
学校の部外者なのに。


取材されたブローカーは会社経営者で
自らは清廉潔白で学校や生徒と金銭の
やり取りは一切ないと主張していた。
しかしそれはきつい言い訳じゃないか。
ならば単なるボランティアでスカウト活動という
ルール違反を長年犯してきたのか。
しかも遠方まで出向いて過去に何百人も
接触してきたというのに。
単なる町の人の良いおじさんならそこまではしない。


特待制度を利用して入学した若者も何人か
インタビューされていたが、私の感覚から言うと
自分の進路が金で売り買いされるような汚い
進路選択で納得できるのかが理解できない。
自分が中学生や小学生の野球というスポーツでの
能力だけが市場化されて大人によって売買されているという
捩れた状況。
プロに行くという唯一絶対の目標に達するためには
自分が商品にされてもよいのか。
ブローカーも悪い、学校や少年野球の顧問も悪い、
親も悪い、生徒自身も悪い。
何だか野球界ってのは腐った業界だなぁと。
その上に君臨するのがプロ野球だと。
やっぱり胡散臭い世界だ。



スポンサーサイト

2007.11.14(Wed)
やったねレッズ。
日本サッカー史上に残る快挙達成。
むしろこれまで日本勢がことごとく
決勝進出すら叶わなかったのが
おかしいし情けない。
年間のスケジュールをしっかりと
クラブと協会が調整して取り組めば
決してACL制覇は不可能ではなかったのだ。


やっぱり困った時には永井ですな。
この人普段は速さだけが自慢の
兄ちゃんだけど、大舞台になると
やたらと点を取ってくれる。
今年は頼もしさがでてきた。
それにしてもこれだけ満身創痍の
チームでよく勝ち抜いたものだ。
レギュラーは全員が何らかの故障を
抱えている。
でも控えが充実しているので問題なしって
ところなのかな。
サイドなんて相馬と山田を両方欠いているのに
平川と阿部で特に問題なくこなしてしまうのだから
層が厚いって大事なことだ。
小野、田中達也、岡野、ネネ、内舘、細貝なんかが
控えているのだから恐ろしいチームだ。


このままの勢いでリーグ制覇を目指してもらいたい。
独走状態には違いないので問題はないだろう。
しかしさすがにこれだけ選手を酷使すると
シーズンが終わってからが怖い気さえする。
何とか休ませてあげたいけど代表も天皇杯もあるし
なかなかガッツリ休めないかもしれない。
しかしJリーグ創設以来最強のチームであるには
違いない。
世界で互角に戦えるアジア初のチ?ムになるには
今年は正念場だ。
ここを切り抜けるともっと高いステージが
待っている。
レッズにはまだまだ期待が膨らみそうだ。
もうちょっと酷使!酷使!


亀田兄弟に処分決定
2007.10.15(Mon)
亀田一家への処分が決定した。
次男はボクシング資格一年間停止、
長男は厳重戒告、
父はセコンドライセンス無期限停止。
甘いと見ると厳しいと見るか。
完全に亀田兄弟頼みにならざるを得ない
協会の現状の体質から見ると無難なところか。
厳しくしすぎてブームを自ら終わらせるわけにいかず、
甘い処分で批判を受けるわけにもいかず。


私なら父親のトレーナー資格剥奪は
是非実行して欲しかった。
次男のライセンス剥奪はさすがに無理だと
思っていたけど、あの父親に関しては
これまでも無神経な振る舞いをリング内外で
続けてきて充分に最厳重処分を下すに値する
人物だと思ったのだけど。
諸悪の根源は父親にありって雰囲気が
今回の試合からよくわかったし。
この処分で反省して真面目にボクシングに
取り組むようになってくれればいいのだけど。
DQNは自己反省をしない生物なので
無理かなーとも思いつつ。
まぁこれで亀田人気も終わったから
どうでもいいか。



亀田一家は獣以下
2007.10.12(Fri)
昨日の亀田弟は酷かった。
あれではますますボクシングの人気低下を
招いてしまう。
せっぱ詰まってクリンチをするようなことは
戦法としてなんら問題ではない。
しかし最終ラウンドに相手を投げ飛ばすとは
ルール逸脱もいいところだ。
1ラウンドで減点3なんて普通はあり得ない。


本当にこの兄弟によってボクシングという
競技そのものが辱められている。
長男は不可解な判定が続き、
次男はレスリング、
三男は負けても試合そのものを無効試合に
してしまい、
親父は暴言暴行し放題のヤクザ。
愚行に次ぐ愚行。
野獣以下の蛮行。
こんな連中をなぜマスコミは取り上げてきたのか。
これを望んだ国民は何だったのか。
昨日の試合で全ての亀田神話は崩れた。
我々も早く目を覚まそう。
需要があるから供給があるわけで。
野獣家族に何かを期待するだけ無駄だ。



時津海もかわいそうに
2007.10.11(Thu)
時津風部屋は時津海が引退して
とりあえずはシャンシャンってところ。
しかし不祥事いや組織ぐるみの犯罪が
行われた後任に現役をもってくるとはね。
世間の会社などのように直ぐに適当な
後任を見つけてくれば即当て嵌まるって
ものじゃないことはわかるけど。
やっぱり問題が起こった組織の後釜には
それなりに経験のある人物が収まるほうが
それこそ収まりがいいと思う。
相撲の場合は一門の中で人事が完結するので
急に後任と言われてもいないものはいないって
感じなのかな。
しかし昨日まで現役だった力士がいきなり
部屋の経営なんてできるのかね。
そもそも全ての相撲部屋の親方衆にどれだけ
マネジメントが期待できるのか怪しいところ。
さーて次は元親方と現役力士の逮捕だぞー。
楽しみ、楽しみ。


2007.10.05(Fri)
時津風親方がついに解雇。
遅すぎる。
事件は6月に起きていた。
ここに来て警察が動き出したから
慌てて処分を下した格好だろう。
これでさっさと幕引きを図ろうという
ポーズでしかない。


これで警察も気兼ねなく逮捕できるだろう。
弟子達もさっさと捕まえればよい。
それにしても北の湖理事長の不遜な
態度は改まらないな。
ブスッとして原稿丸読みのコメントを
連日出すだけ。
協会の構造的な問題だという認識は
理事長には全くないのだろう。
本気で協会が変わりたいならトップを
変えることから始めるべきだ。



2007.09.29(Sat)
朝青龍は完治したらしい。
ほら見たことか。
やっぱり病気でも何でもなかった。
単にすねてただけ。
自分が処分を受ける理由がわからないから
ブスッとした態度を取っていただけ。
駄々っ子小学生のまま大人になったってことだ。


本当に解離性障害など広義での神経症ならば
数週間地元に帰って温泉に浸かっただけで
完治とはいかないだろう。
部屋ぐるみ、協会ぐるみのつまらない
パフォ?マンスはもういいから
さっさと廃業するか、改心して稽古に
取り組みなさい。



2007.09.28(Fri)
時津風部屋の暴行疑惑は酷いな。
ビール瓶、金属バットで殴るなんて
普通のしごきじゃない。
この部屋ではこんなことを常習化していたのだろう。
時津風に限らず相撲界には珍しくない話だ。
今までも暴行疑惑は何度も出てきた話だし
警察も踏み込むのが遅すぎたくらいだ。


こういう行為を指導などと称して平気で
行える先輩力士の神経を疑う。
ここまでくれば明らかに傷害致死。
行き過ぎた暴行を加えれば人間は絶命するという
ことくらいは力士だろうが、子供だろうが
誰でも知っている。
しかも親方が止めるどころか加担していたのだから
始末が悪いどころの話ではない。


朝青龍の八百長疑惑、仮病疑惑に続いて
今年の日本相撲協会はたがが外れたでは
済まない不祥事のオンパレードではないか。
こうもファンを裏切り続けると北の湖理事長の
マネジメントが問われて然るべきだ。
しかしおそらく協会の組織はトップの
責任を問えるような組織形態はしていない。
公益法人に不祥事どころか殺人という刑事事件が
起こっているのに誰も責任を取らないなんて
有り得ないだろう。


まずは警察には更に操作を進めてもらって
時津風親方と暴行犯達を一人残さず逮捕して
司法の場で然るべき決着をすべき。
遺族は民事でも訴えればよい。
そして時津風部屋は解散だ。
北の湖理事長はもちろん辞任。
協会と各部屋の閉鎖的、前近代的な組織を
外部からのチェックが効くような形にする。
一日も早く改革を行わないと大相撲は
本当に壊滅しかねない。




2007.09.16(Sun)
世界柔道の日本勢が絶不調だ。
かつてのお家芸競技が銅メダルが精一杯という
連日の失態に次ぐ失態。
思えばここ数年の日本のスポーツの世界大会での
結果は散々たるものがある。
アテネ五輪、トリノ五輪、サッカーW杯、
バレーボール、陸上、水泳。
健闘しているのは女子レスリングと
女子フィギュアくらいか。


今回の世界柔道である日本人選手は
「柔道が柔道でなくなっている」と
国際柔道のルールやジャッジの変化を皮肉った。
しかし待って欲しい。
自分の敗退をルール、ジャッジのせいにすることほど
情けない話はない。
それに適応すべく鍛錬をしてこなかった
本人に最大の問題があるし、環境の変化を
分析しきれていない協会やコーチ陣にも
多いに責任があろう。


あまりに酷いジャッジを取られたのならば
しかるべく方法をもって抗議すべきだ。
しかし事ここに至っての問題はジャッジの質に
あるのではなくて日本陣営の情報や準備の
不足に終着するのである。
結局は山下泰裕氏が人事選で敗れたように
政治力のなさに行き着いてしまう。
日本の外交下手は国会議員だけの問題ではなく
民間人にも共通する問題だということだ。


ルールやジャッジに意見したいならば
日本陣営も政治力を持つべく努力をすべきだ。
それを怠ってきて畳の上だけで正々堂々と
勝負すべきだと保守的な態度に終始していては
ますます柔道界での日本外しは進む一方になる。
大きな流れに逆らうにはそれなりの覚悟と
政治力が必要なのはスポーツ界でも変わるまい。







早く出てこい朝青龍
2007.08.08(Wed)
朝青龍はすっきりしませんな?。
現役を続けるならさっさと稽古を再開する。
なんで自業自得で入院せにゃならぬ。
モンゴルに帰るならそれはつまり引退するということ。
今まで何回一時帰国に騙されてきたか。
本人も悪いが親方の管理不行き届きが
ここまでの増長を招いたのも否定できない。
見ている側も限界だ。
本人の潔い決断を待ちたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。