スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新聞について思うこと
2007.06.20(Wed)
今日は産経新聞の会員制サロンである
ウェーブ産経の講演会に行ってきた。
講演者は大阪の論説委員の方でテーマは
「戦後日本のマスコミの罪」
なかなか面白い主題だ。


全体の話の筋は朝日・毎日系の論説が
いかに問題があるかということ。
社会主義への幻想を捨てられないマスコミは
どうしようもないと。
ライバル紙を書いている記者が聞いたら
ブチ切れるに違いない内容だったw
でも真実だから仕方ない。


まぁ内容については予想通り。
産経の正論路線と朝日・毎日系の論説が
相容れないものであるのは確かで、
埋まらない溝が生じているのも確かだ。
よく世間ではマスコミは不偏不党で
あるべきだと指摘されるが果たして
そうだろうか。
私はそれは欺瞞だと思う。
事実を事実としてだけ報道するだけで
マスコミが仕事を果たしたことになるのか。
「?で?才の中学生が下校途中に
性的暴行を受けました。以上。」
それなら上のような報道しかできないわけなのだ。
こんな無味乾燥な記事で終わっていいわけがない。
それを社会事象と絡めて分析をして
新聞社としての解釈や見解を示すことは
必ずしも悪いことではない。
真実を導くヒントを事実分析によって提供する、
これはマスコミが果たしうる大切な仕事だ。


だから今のように新聞やテレビの報道が
全て不偏不党の面をしているのは
おかしいと思う。
実際は全国紙でも正論路線や左翼シンパなど
新聞紙ごとに色合いが違う。
ならば産経新聞は右翼、保守系、改憲論者の人のために
書いている新聞ですと、
朝日新聞は左翼、社会主義、共産主義、
中国・北朝鮮・ロシアへの幻想を捨てられない人の
ために書いている新聞ですと、
自分達の立場を明らかにして記事を書けばよいのでは。
新聞の権威が失墜した現在では読者も文句は言いまい。


ところで今日の講演で面白かったこと。
日本最高の大衆紙は朝日新聞と読売新聞。
読者が喜ぶ記事を書くのが上手いから。
産経新聞は日本唯一のクオリティペーパーらしい。
本気なのか冗談なのか面白いから何でもいいかww
皆さんも色々と新聞を読み比べしましょう。




スポンサーサイト

2007.05.22(Tue)
かなり久しぶりにロンハーを観た。
青田典子の結婚・離婚発表を受けて
メンバーが励ますみたいな企画を
やっていた。
まずただのタレント達の飲み会を
そのまま流されても・・・
それに青田は会見でしきりに
申し訳ございませんでしたと
頭を下げていたけれど、
何の謝罪なのだろうか。
芸能人は結婚や離婚をすると
いちいち世間様に報告をしないと
いけないルールなのだろうか。
今まで未婚キャラで通してきたから
それに関して業界関係者への謝罪だったの
だろうか。
それなら勝手に個人的にすればいい。
ファンだって芸能人が虚像だという
ことくらいはわかっているから別に
歳をごまかそうが学歴を詐称しようが
構わないと思う。
誰もそこまで芸能人のパーソナリティを
気にして真剣にテレビを観ていないだろうに。
私がいい加減にテレビを観ている人だから
そう思うからかな。


テレビなんて広告媒体の一種であって
何らかの商品やサービスを売ったりという
目的を達成するために番組という毛皮を
着たり、CMを挟んだりしているわけで。
ひたすら24時間広告を垂れ流しているだけの
メディアと真剣に向き合って番組内容に
青筋立てて怒ったりするのも年々
バカバカしくなってきた。
青田が犯罪を起こしたりでもしたら
社会的道義に沿ってやるべきことは
やってもらいたいけど、たかだか
結婚と離婚を黙っていたくらい
大したことじゃなかろうに。



2007.05.05(Sat)
金曜日の夜から雨だという予報だったのに
土曜の夜になれど降りません。
天気予報はウソつきさんだ。


さて昨日はNEWS23のことを
書いたけど、やっぱり2ちゃんねらーの
仕事は早かった。
護憲特集に登場した京都大学の女性は
中核派系統の左翼団体の運動員らしい。
2ちゃんねらーのTBSに対する
懐疑心はかなりのものなので
格好のネタが発掘されたわけ。
しかし中核派とは。
生きた化石じゃないか。


そんなところに現役の大学生が
惹かれていくのが理解できない。
日教組に育てられたからといって
そんな突き抜けた世界まで行って
しまうのだろうか。
京都大学に入るくらいの優等生だから
大人の言うことに疑問を持たずに
何でも受け入れてきたのかな。
ああいうのが辻元清美みたいなのに
スカウトされて変な政党に入れ込んで
いくことになるのだろう。
こんなプロ市民どころか本格的な
活動家を一般の大学生代表のような
ツラをさせて出演させるTBSの
感覚はどうなっているのだろうか。


中核派ならもはや護憲じゃないよね。
無政府主義なのだろう。
政府の力を弱めるために憲法や
教育基本法のような国の根幹を成す
改正にはとりあえず反対ってわけだ。
なんとも恐ろしや。
でも2ちゃんねらーの力も恐ろしや?


昨夜のニュース23
2007.05.04(Fri)
昨夜のニュース23の憲法特集は
いつになくえげつない内容でしたな。
憲法特集じゃなくて完全に護憲特集。
護憲に向けて活動している人達や
パネリストは出しても改憲派の声は
1ミリたりとも流さない。
護憲=善、改憲=悪っていう単純な
二項対立に内容を仕立て上げていた。
改憲じゃなくて改悪なんて平気で
レッテル張るんだもんな?筑紫のじいさんは。


まず筑紫さんに対して思うことは
何も毎晩デイリーニュースを伝える
役目に拘る必要はないのじゃないかってこと。
ニュース23に筑紫色が濃すぎて
かなり世論からずれた内容が
近年増えているように感じる。
TBS自体が不祥事(犯罪)を起こし
まくっているなかで企業イメージを
刷新するためにも筑紫を降板させて
中立報道に努める姿勢を打ち出すべきだ。


筑紫には環境問題や沖縄基地問題、
平和に関する取り組みといった
好みの分野がはっきりしている。
別にそれを無理やり毎晩のニュースに
押し込む必要などなくて例えば
半年や1年に1回くらいの頻度で
徹底的な取材を重ねた良質な
ドキュメンタリーを放送するなど
筑紫の経験と人脈を活かせばもっと
活躍のできる場があると思う。
あの聞き取りづらいボソボソ声で
毎晩ニュースを伝える仕事は
ベストどころかベターな仕事ですらない。
ただドキュメンタリーは数字が
取れないというし、著述業にしても
なかなか筑紫の思想方向が売れないという
現実はあると思う。
でももうニュース23で生き恥を晒す
くらいならじっくり腰を据えて大作に
取り組んだ方がいいと思うのだけれど。


昨日の内容の中で気になったのが
京都の女子大学生。
彼女は国会を取り巻く抗議活動にも
参加してマイクを握って涙ながらに
訴えたという筋金入りの護憲論者だ。
涙の理由は国民の声が国会議員に
届かないというどうしようもない
現実が悲しかったとのこと。


それってただダダこねてるだけじゃないか。
日本は間接民主主義。
我々の投票で選んだ代表が国会で
決めることは私達の大部分の意思と
イコールなわけ。
代議士制度が不満ならそれを訴えればいいけど
現行の政治制度の元で正規の手続きに
則って進められる議事に対して
文句があるなら次の選挙で自分の
思いを託せる候補者に投票すればよい。
政治は数の論理だから自分の考え方が
必ずしも政治の世界でマジョリティとは
限らない。
間接民主を否定するような根本的な話と
議事が個人の思想信条に合う合わないの話を
ごちゃ混ぜにしないでいただきたい。


思うのだけど今の大学生世代で
あれだけガチガチの左翼がいるなんて
私の感覚では信じられない。
彼女はよほど日教組の強い地域で
育ったのだろうか。
もし育ちも京都だったら仕方ないけど。
ああいう人達に聞きたいのは
もし日本が他国から侵略を受けたら
どうするつもりなのだろうかということ。
無抵抗で白旗をあげるつもりなのかな。
マジで意味がわからない。
9条を改正したら戦争国家になるというけど
自衛の手段すら放棄した国の方が
よっぽど危険な国ではないのか。
何も自衛軍をもって他国に侵略しようって
話ではないだろう。
せめて自分の国は自分達で守れる
国にしましょうという究めて健康的な
方向性なのだ。
9条改悪=戦争=侵略みたいな
口先で平和平和と唱えれば平和が
やって来ると本気で9条を宗教のごとく
崇めている連中のほうがよっぽど
世相が見えていないし不健康だ。


国民投票法案にしたってそうだ。
憲法に明記された改憲のための
道しるべを具体化した形で示して
こなかったのは戦後の全ての政治家の
怠慢だ。
それを言うに事欠いて未だに
国民投票法案の制定そのものに
難癖つけて反対する政治家がいる。
どこまで仕事を先延ばしすれば
気が済むのだろうか。
最低投票率の議論もあるけれど
やはり選挙に行かない人間は
棄権とみなすべきで
「私は憲法が改正されてもされなくても
一切文句は言いません」という
意思表示とみなすべきで、
そんな決まりはいらない。
政治家の仕事は少しでも投票率を
上げるために努力することであって
その失策の担保に最低投票率を
決めて護憲の襷にしようなどは
許されるわけがない。
さてこれから憲法論議はどうなるでしょかね。
国民を巻き込んで面白い展開になってほしい。



納豆ダイエット捏造
2007.01.21(Sun)
関西テレビ系「あるある大事典」は大変なウソを
放送していた。
放送直後に納豆を買い求める人が急激に増えたというのに。
業者の嬉しい悲鳴もこれで一段落といったところだろう。


このところテレビを観ていると健康系と占い系が
増えたことに気が付く。
どちらにも共通するのが「怪しさ」「不確かさ」だ。
時代がこういうものを求めているとしたら何なのか。
それを食い物にして視聴率第一主義に陥っている
放送業界やスポンサーは重罪である。
こういう番組が重宝される国民の心理状況が
気になるのだ。


現代人は漠然とした不安を抱えている。
難しい政治経済には興味が無い。
だから不安を取り除いてくれる健康番組や
生活情報番組がもてはやされるのだろうか。
まだまだ死にたくない。
しかし亡くなったとしても輪廻転生で生き返ることが
できると感じる人が増えているらしい。
だから自分の前世や来世をズバッと言ってくれる
怪しい占い師やスピリチュアルカウンセラーなどが
流行るのだろう。
なんとも不気味な視聴者心理なのだ。


視聴者を煽って数字が取れれば平気でガセ情報を流す
健康番組をどうして信用できるのか。
しかし多くの視聴者はまだまだ不安な社会を
生きていかねばならないから同種の番組を
観つづけるに違いない。
疑うことを知らなければこれからもテレビに
何回騙されるかわからない。
未だにテレビや新聞は全て正しいという
盲目的お人好しが大多数だからこのような
視聴者をバカにした番組が人気を博するのだ。
視聴者もテレビ局もメディアリテラシーを養いましょう。


週刊金曜日
2006.12.02(Sat)
腹が立つを通り越して呆れてしまうことがある。
週刊新潮の今週号をご覧になりましたか?
すごい記事が出ていますよ。


週刊金曜日の緊急市民集会の内容が
報告されているのだけど、
それがひどすぎるのだ。
詳しい内容はネット上にたくさん貼られているので
それをご参照いただきたい。


集会のタイトルは
「ちょっと待った!教育基本法改悪 共謀罪
憲法改悪 緊急市民集会」


つまり護憲を訴える集会なわけ。
だけどその恐るべき内容はお芝居の部のスタートで明るみに。
まず「千代田区1丁目1番地にお住まいの方」という触れ込みで
美智子皇后に扮した女装男優が登場。
次に悠仁親王を呼び込むと猿のぬいぐるみが。
女装男優は「お前なんか、いらない!」と猿を舞台上でポイッ。
その芝居の途中に左巻き論者が登場し
女装男優に皇室不要論を唱えさせたり
今上天皇の前立腺の病気を茶化したり
陛下の下半身事情をネタにしたり。
その後も両陛下の下品な物真似が続いたそう。
極めつけは永六輔が登場して「星条旗よ永遠なれ」の
リズムで「君が代」を歌うという下劣極まりない芸を披露。


これが全国紙の系列の週刊誌が主催する護憲集会か。
皇室批判や天皇制反対という思想は尊ぶ。
しかしこんな下劣な三文芝居に思想も何も感じない。
しっかりと議論するなり文章にするなりして
世論に訴えればよいではないか。
これで朝日の底の浅さと天皇制打破思想が
はっきりとわかりやすい形で世に出たわけだ。
せっかく新聞と雑誌があるのだから堂々と
天皇制反対を記事にすればいい。
ただ茶化すだけなら子供でもできる。


ブラックユーモアは聞き手に
なるほどと思わせる内容の練り方と
後に残るほのかな笑いがなければならない。
内容も笑いもないのならこんなリスキーな
芝居仕立ての集会を開くことはない。
そもそも親王を猿のぬいぐるみに見立てたり
陛下の病気をネタにしたりすることが
人権派と呼ばれるリベラルの人達が
やることなのか。
やはり極左の新聞屋と文化人がどれだけ
雁首揃えてアイデアを出してもこの程度の
内容にしかならないのだろう。
これがウケるとでも本気で思っているのなら
センス違いも甚だしい。


私はこんな下品で下等な人々の
訴えが世間に届くことなどあるわけが
ないと思う。
やはり連中の脳味噌の中身はこの程度だったのだ。
だから平気で売国奴にもなれるのだ。
何も考えていないのだ。
相手が皇室だから反論もできないと知って
悪ノリしているだけなのだ。
そもそも架空の芝居だから皇室を茶化したと
認めないだろうが。
他人を中傷し、多数の人の前で
それを見せびらかすことに
自称「人権屋」の皆さんは
お気づきになられないらしい。
弱者の味方を標榜しておいて内実は
とっても心が弱くて悲しい生き物だったんだね。


朝日新聞、週刊金曜日。
もうここまで来ると哀れだわ。
「右翼」と「左翼」と「朝日人」。
「日本人」と「中国人」と「韓国人」と「北朝鮮人」と「朝日人」。
独立国家を形成して既に孤高の
存在となってしまわれたようだ。
もう私たちとは思考回路も道徳観も言語すらも
異なる異国の人たちなんだね「朝日人」。


まぁ冗談はさておき、
皇室をネタにするなら相応に
気をつけないとね。
この内容でよく客席からヤジの一つも
出なかったものだ。
キレて舞台に詰め寄る人がいても
おかしくないと思う。
それと護憲集会を装って
自分達のオナニーを公開しただけ
なんだから読者を騙したことにも
なるわけだし。
どうすれば彼らの暴走を止められるのでしょうかね。


数字合わせ
2006.10.13(Fri)
日本ハムが25年ぶりの優勝だそうだ。
新庄にとって最高の花道になりそう。
正直言って北海道に移転した時には、
「なんで北海道?」って思ったけれど
想像以上に北海道民に受け入れられて
市民球団色を強めてきていることが
功を奏したのだろう。
これで片岡と新庄の電撃トレードでも
行われたら最高に笑えるがw


資格試験の大手3予備校が合格者を
水増しして記載していたとして
景品表示法違反の警告を受けた。
こんなことは氷山の一角ではないか。
大学受験予備校だって同じだろう。
どこでも短期講習受講者などを
統計に入れているに決まっている。


世の中いろいろな統計が存在する。
新聞を見ていると毎日のように
様々な統計が発表されていて
「戦後最低」「過去最高」などの
見出しが躍る。
特に失業率など雇用関係の数字は
気にしてみているが怪しいものが
多すぎる。
どうにも都合よく作られたと感じるものや
単なる数字合わせにしかなっていないものも
多いのだ。
だから統計データを鵜呑みにしない
ようにしている。
数字の持つインパクトは大きい。
だからこそ裏の裏まで読まねばなるまい。



NHKの受信料強制徴収
2006.10.07(Sat)
最近気付いたのだが、亀田兄弟ネタを
取り上げると当ブログはアクセスが
数日間だけ増えるようだw
何日かに一回取り上げようかしらねーw
今日は朝から就職試験に行ってきたが
手応えはサッパリである。
っていうか募集要項と勤務地が違うし、
完全週休土日もウソじゃーん。
そこまでして人を集めたいのかね。


NHK受信料の不払い者への強制徴収が
ついに動き出しそうだ。
どうなるのであろうか。
簡易裁判所を通じて支払い督促を
するそうだが。


そもそも受信料というやつは
裁判所が絡んで督促を行えるほどに
強制力の伴うものなのか?
不勉強で申し訳ないがそこからして
わからないのだ。
税金を滞納したらイケナイ。
脱税なんてもっての外だな。
年金を払わないのもイケナイ。
国の福祉の根幹が揺らいで
結局は自分達が損をするからだ。


では受信料って何ですか?って
ことにならないだろうか。
そもそもテレビを観るのに
受信契約というやつがあるが
そういう旧態依然としたやり方が
破綻しているということではないか。
これだけ不払い者がいるのは何も
理由がないわけではなくて
世論の趨勢が受信契約や受信料という
システムにNOを突きつけて
いるのではないだろうか。
それを従来の形のまま放置してきた
NHKや総務省にも課題が突きつけられて
いるのだ。


法律を改正しなければならないので
NHKの一存でできることではないが
時代の流れに沿った制度を作って
もらいたいものである。
究極に言えばテレビを全てPPVに
すればいい。
観たい番組だけ購入すればいいのだ。
ザッピングの文化はなくなるが、
より視聴者の嗜好が反映されやすく
特定の視聴者層に向けた広告戦略も
打てるというものだ。
視聴者の年齢に合わせたCMを
流せばいい。
インターネットの世界でできるのだから
テレビでもできないことはあるまい。


徴収の方法ばかりに目を奪われるのではなく
放送業界の未来のあるべき姿を示さなければ
強制徴収だけで解決する問題とは思えない。


2006.10.06(Fri)
亀田はまぶたを8針縫う重傷を負った
2日後に運動会で元気に綱引きに
興じていたそうだ。
ウソをつき通すなら上手くやれよ。
脇が甘すぎるね。
どこかの保護者さんが撮影していた
動画がYoutubeにアップされたそうで。
国民誰しもが記者になれるような時代だ。
有名人ならどこで足元をすくわれるか
わからない。
とにかく亀田の口からケガのこと、
試合延期のことについて聞きたいものだ。


さて安倍政権が発足して毎日のように
新聞の片隅に経過が掲載されているのが
安倍総理と記者との会見の回数を巡る
記者クラブと世耕さんとのやりとり。
記者側は小泉さん同様に1日2回を
続けて欲しいという主張。
世耕さんは1日1回、時間が合えば
2回できるように努力するというお答え。


話し合いが平行線を辿っているようで
なかなか正式な結論が出ない。
私は小泉方式を必ずしも踏襲する
必要はないと思う。
良い前例ではあると思うが、
安倍さんがそれに縛られることはない。
独自色を出すべきだ。


記者にだってクリアすべき問題はあるだろう。
決まりきった毒気のない質問しかしないのなら
定例会見など必要ない。
官房長官の会見をそのまま記事にすれば
事足りているではないのか。
総理に直接インタビューできる機会なのだから
限られた時間の中で鋭い質問をすることが
プロの仕事なのではないか。
記者自身が政府の広報マンになっている
現状をまずは改めるべきだ。


このままでは広報のプロを自認する
世耕さんの思うつぼになる。
記者クラブが自らの使命を政府の
広報マンであればよいと思っているのなら
それで構わない。
限られた時間で何か掴んでやろう、
安倍さんの顔色を変えるような
会見にしてやろうという気が少しでも
あるのなら最後の最後までギリギリの
交渉を続けるべきである。


朝生観たっす
2006.09.30(Sat)
昨夜は久々に朝生を最後まで
観てしまった。
4時過ぎまでやるのは反則だ。
もっと早い時間から始めてほしい。


さて番組は自民 VS 非自民の構図。
自民は山本一太と片山さつきが
とにかくよく喋る。
平沢さんは眠たかったのかおとなしめ。
八木秀次の人を小馬鹿にしたような
薄ら笑いは相変わらず。
個人的には好きな学者の部類に入るが、
テレビで話す態度だけはどうも好きになれない。
非自民チームで頑張ってるのは
いつも通りで姜尚中、辻元清美、金子勝の
レギュラーメンバー。
民主党の枝野幸男はもっと自民との
対立軸を出してくるかと思いきや、
終止不発に終わった感じ。


憲法改正、年金、格差、靖国、自衛権、増税など
片通りの問題を一通り流したような内容。
田原が最も訴えていたのは所信表明演説に
肝心の知りたいことが何も書かれていないと。
例えば歳出削減というなら公務員改革は
避けて通れないはず。
てっきり大見出しで持って来るかと思ったら
ほとんど言及していないと。
こんな演説に意味なんてないよ!とブチギレ。


自民側としては安倍さんが極めて右寄りで
国粋主義的な方向に国を導くのではという
世界のマスコミの評価は誤解なので
それを解いていきたいという論旨。
安倍さんは世間が思っている以上に
バランス感覚のある人で特定の思想に
向かって突っ走るようなことは有り得ないと。


すると、非自民チームからこの所信表明演説を
見ると確かにソフトなイメージは受けるが、
能ある鷹が爪を隠しているのではないかと指摘。
例えば参院選が終わると一気に爪を
出してくるのではと危惧すると指摘。
田原はしきりに爪って何だよ?と確認。


姜は政治家安倍と個人の安倍の思想は
少し違うはずだと。
責任の伴う政治の世界に個人の思想を
強く出しすぎるようなことがあれば困ると指摘。
自民チームはバランス感覚豊かな安倍さんは
そんなことをするわけがないと応答。


全般的に見ると少し不毛な議論なのかなーって
印象を受けました。
スタート直後の自民チームは完全に安倍さんの
広報マシン化していて良いことしか言わないし、
非自民チームもさほど山本・片山が嫌がるような
鋭い指摘をできたわけでもなく。
最後に自民と民主の違いを民主・枝野は
自由経済・資本主義を基本にしているのは
同じであとは個別の議論が違うとなんとも
はっきりしないお答え。
民主の議員さんも自民との違いをはっきりと
認識できていないのではと感じました。


あと毎回思うのですが、辻本の遠吠えは
ああいう肉食動物がスタジオに一匹放たれたと
思えば気にならないのですが、
このところ姜尚中が厳しすぎる。
そんなにこの国が嫌いなら祖国で大学教授を
すればいいじゃないか。
彼はこの国をどうしていきたいのだろうか。
北朝鮮に食料をたっぷり与えて、拉致のことは
手打ちにしましょう、
靖国参拝は止めて、中韓に改めて謝罪をして
一緒に経済協力をしていきましょう。
本音はこんなところじゃないの。
この人はキツすぎるよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。