スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.28(Sun)
昨夜、NHK教育でやっていた
BS特集「世界はいじめとこうして闘う」が
なかなか面白かった。
カナダ、アメリカ、韓国それぞれのイジメへの
取り組み状況を紹介する内容。


カナダの小学校では休み時間は児童全員を運動場で
遊ばせて標的になりやすい生徒が一人になることを
極力少なくすることでリスクを取り除くという方法。
校庭では教師が休み時間も監視をしていて
イジメやからかいが発生しそうな状況になると
即介入してトラブル回避を除く。
児童はプライバシーを欲しいとしながらも
イジメをなくすための有効な取り組みだと
概ね前向きな評価をしているようだ。


アメリカ・ペンシルバニア州の小学校では
昼食を全員が食堂でとる。
それも席が予め決められていて年に1回だけの
自由席の日を除いて毎日必ず指定席に着席
しなければならない。
さらに暴力的な児童やルールを守らない児童は
隔離されて別の部屋で昼食をとらされる。
問題行動は教師が毎時間ごとにチェックをし
ポイント化されて問題児童の保護者に通知される。
問題児童専門の教師が配備されていて酷ければ
停学も辞さず、保護者の呼び出しも頻繁に行う。
州法でイジメ対策法が制定されたので
各校は具体的なイジメ対策プログラムを
制定・実施しなければならないという
状況になっている。


韓国の中学校では登校時に風紀委員の生徒が
登校生徒をチェックして校則違反があれば
マイナスポイントをつける。
生徒はイジメの目撃情報を教師に通報すれば
ポイントがプラスになるというインセンティブを
与えられていえるのでそれがモティベーションになる。
さらに校内を警察OBが巡回したり放課後の
校区内の見回り活動に力を入れている。


このように見てくるといずれの国もある程度は
管理的な手法を認めていることがわかる。
これらを単純に今の日本の学校教育に取り入れると
・休み時間を教師が監視
→児童のプライバシー侵害


・ポイント制
→内申点主義が強まる


・生徒同士のイジメ通報
→人間関係がギスギスする


こんな批判が聞こえてくるだろう。
要するに民主主義の日本には生徒の
プライバシーの剥奪や教師の強権発動は
いかなる理由があろうと許されないと。
だがこの教育界の窮乏を見るにつけ何もせずに
手をこまねいているだけの現状よりはよほど
ヒントが隠されていると思う。
子供たちに無制限の「自由」「民主」を与えることが
果たして人間教育に真に資するものだろうか。
自由や権利を獲得するには義務が伴うものだし
そのために自分達の自由や権利が狭められたり
制限されることはあって然るべきだ。


イジメはいけません、というスローガンだけで
解決する時代ではないと思う。
悪いことをしたら罰せられるし、自らの自由を
奪うことにもなるのだということを小さい時から
体に染み込ませるペンシルバニア州の手法の中で
民主主義を教えられた子供たちと日本式のエセ民主主義を
教えられる子供とでは道徳心や規範意識に差が出るのは
当然の結果だろう。
少なくともイジメ対策法くらいは各自治体でも
直ぐに作られるだろうし学校現場には徹底した
プログラムの作成を命じるべきだ。
イジメは卑怯な行為だしそれは自分自身に
返ってくるということを心と体に刻む教育を
望みたいものだ。


スポンサーサイト

2007.10.02(Tue)
以前も書いたけど沖縄戦集団自決事件の
教科書記述を巡るいざこざは何なのだ。
全く腹がたつ。
それは文科省に対しても、
政治家に対しても、
教科書会社に対しても、
沖縄県民に対しても。


今回の記述復活を教科書会社が要請したってやつは
単に沖縄や左派が強い自治体で教科書が採用されないのを
恐れているだけのことだ。
売り上げが落ちるのが嫌だから内容は妥協でも
構いませんよーと。
文科相もそれを認めちゃうらしい。
記述を削除するのは新たな証拠なり研究が
進んだってことだし、それを再掲載するというなら
その検証が誤りであったか覆す検証が出てきたのか。
教科書って本来は最新の研究内容が反映されてこその
教材だと思う。
なのになぜ。


それを11万人の集会が行われたのをうけて
内容を変更しますなんて教科書会社も文科省も
プライドも糞もない証拠だ。
声が大きい人達の意向が第一で教科書が
作り変えられるのがまかり通るならば
北方領土は永久にロシア領と教えるのか、
竹島は韓国領と教えるのか、
イラク戦争は正しいですと教えるのか、
金正日は偉大ですと教えるのか。
それが民主主義を信奉する国の教育行政の
あるべき姿だろうか。
声の大きさで正義かどうかは決まらない。


教科書検定は慎重に慎重を重ねて確実な
内容だけを取り上げなければならないのだ。
以前にも書いたが、集団自決に関しては
近年新たな証言が次々と出てきた以上は
絶対視されていた事実が事実ではない
可能性が出てきている。
つまりこれまでは村民の証言が圧倒的に
力を持った著述や報告ばかりが採用されて
研究もされてきた。
しかし齢が進むにつれて旧軍人が重い口を
開き始めるとこれまで事実とされてきた
研究内容に疑義が生じてきた。
どうやら100%正しいと信じられてきた
内容がそうではない可能性が出てきたと。
だから次回の教科書からは一旦外しましょうと
安全策をとったまでのこと。


やはり沖縄県民の人達ももう少し冷静に
なってほしいと思う。
教科書に掲載されている内容が後年の
研究によって覆されて削除されたり
変更をされることはあってしかるべきだ。
子供達に対して、事実すら確定していない段階で
それを既定の事実のようには教えられないのだ。
自分達が絶対だと思ってきたことに新たな
証言や研究がぶつけられている。
それにたいして沖縄はこれこそ事実だという
証拠を示して対抗すべきだ。
単に「国は沖縄を捨てた」だの
「ウソを子供達に教えるのか」だのと
大声を上げるのではなく、科学には科学で
応戦すべきだろう。


沖縄県民にケチをつけるわけではないが
やはりどんな現象においても当事者の
目線や意見というのは大切だけど
時にそれは集団ヒステリックというべき
錯誤の方向へ走る続ける場合がある。
やはり実証研究は第三者の立場で
行われるべきである。
はっきり言って後世の人間が60年前の
出来事をどうのと言うことに限界があろうし
更にそれが現地人の声であると少なくとも
三割引くらいで話を聞くべきだ。
教科書会社はまさに第三者的立場で
それぞれの教科書に色合いを出してもらって
このような争点を持つ問題に対しては
共同研究をするなど対策はすべきだろう。
上手くまとまらないが、この騒動は登場人物
すべてが滑稽すぎて薄ら寒さすら感じる。


2007.07.20(Fri)
大阪市住吉区の私立大阪学芸高校が昨春の大学入試で、
受験料約140万円を全額負担して成績優秀な1人の男子生徒に
「関関同立」と呼ばれる関西の有名私立4大学を受けるよう依頼、
受験した延べ計73学部・学科すべてに合格していたことが20日、
分かった。同校は生徒に5万円と腕時計を贈っていた。


4大学の合格者は「144人」と公表していたが、延べ人数で実際は
33人。合格実績の半数以上がこの生徒1人だった。


近藤永校長は「水増しといわれても仕方がない」と話している。


同校によると、生徒が受けたのは関西、関西学院、同志社、立命館の各大学。大学入試センター試験の結果だけで合否が決まる制度を使い、専攻ごとに出願、新たに受験せずに多数の学部・学科に合格していた。生徒は第1志望の公立大に進学した。


同校は関関同立を受ける生徒の受験料を負担する制度を設け、今春は134学部・学科に41人が合格したという。産経新聞


ちょっとすごすぎる。
むしろ面白いけど。
まずこんなことを教育者が考え付いて実行してしまうのが
有り得ないし、それに駄賃目当てなのか乗ってしまう
生徒とその保護者も有り得ない。


私も大学入試というやつから離れて何年も経って
しまったし、センター試験も受けなかった人なので
いまいち受験制度がよくわからないのだけど
今時の私立大学のセンター利用入試は願書を
出すだけで個別試験なしで合格できるということかな。


それと関関同立の受験料を学校が負担って
私立校ではこういうことって普通なのかな。
私は公立出身だからイマイチそれが普通だと
言われても理解できないのだけど。
特定の大学にだけそういう優遇をするって
どう考えても不健全だと思うけどな。


それにしても計73学部・学科って。
この生徒はきっと秀才なのだろう。
こういうことができてしまう入試制度は
どうなのかな。
そもそもセンターだけで合否が決まるなんて
無責任すぎるじゃないの。
教師とか弁護士とかしっかりやってもらいたい
職業の人ほど狂ってる奴が多いわ。
本当嫌になるようなニュースだ。




2007.07.06(Fri)
先週の東京に行ってた時の話。
メインは6月30日、日弁連主催の
「医療・福祉と司法の連携を目指して」という
シンポジウム。
「獄窓記」「累犯障害者」で御馴染の
元民主党衆議院議員の山本譲司さんが
講演するので東京まで足を運んだわけです。


山本さんは文章も面白いけど話が抜群に面白い。
やっぱり元国会議員は人前で話すのは慣れてて
ユーモアを交えてすごく余裕がある感じ。
かと言って変に威厳がある人ではなくて
ナチュラルに発するオーラというのだろうか。
厳しさと柔らかさを併せ持った素敵な方。


複数の発言者から何度も指摘されていたのは
発達障害に対する警察や司法の無知が
いかに弊害をもたらしているかということ。
発達障害とは知的障害にも精神障害にも
当てはまらない障害。
こういう人の障害の特性を取り調べ側が
理解していないものだから誘導尋問に
簡単に引っかかったりしてもそれを
調書にとってしまう。
これはおかしい。
いっそ障害者専門の捜査員や法曹者を養成して
活用すべきではないだろうか。


個々の発言などから興味深かった点を。
若手弁護士の発言から。
「まず再犯防止には行動パターンを周囲が理解して
どうすればパニックにならずに生活できるか
不安定要因を除去できるかを考えること。」


こちらは山本さんの発言で、
「監獄法そのものが問題山積みなので
それを改善、つまり入口の改革をすること。
アメリカではIQ50以下は少年法扱いにして
裁かれる。
また取調段階に福祉関係者が入る可視化は
司法に熟達していない福祉関係者の発言が
不利な証拠を生んでしまう危険性がある。」
つまり安易な可視化は意味が無いということ。


児童精神科医から。
「知的、発達障害者は取調などの場面で自分が
責められていると受け取る。
それでは何も引き出せない。
真実から遠ざかるのみである。
それでは態度が悪いととられて不利になる
だけである。」
これはかわいそうというか何というか。


最後の締めで山本さんが言っていた。
「少年院的厳罰化が必要である。
少年院は少年にいかに話をさせるかに取り組む。
刑務所はいかに話をさせないかに向いている。
よく話をさせることが重要ではないか。」
これはもっともだ。
日本の刑務所処遇の問題点を端的に表している。


全体を通じて感じたのは、まだまだ前進は
しないなぁという残念なものだ。
やはり逮捕から出所に至るまでの障害者への
徹底した無理解はいかんともしがたい。
まずは警察、司法関係者の勉強が急務だ。
その中でプロフェッショナルを専門職として
置くのも一考だろう。


そして現状では自分が犯罪を犯したことさえ
認識できず、刑務所に入っていることさえ理解
できていない障害者が数ヶ月、数年収監されたところで
果たして更正が期待できるのだろうか。
まるで無意味に近いのではないかと私は見ている。
それなら障害者だけの更正プログラムを
作るなりしないと一般受刑者と同じように
扱っていては税金の無駄遣いとさえ言える。


まだまだ道は遠そうだ。
海外の事例が知りたいなぁ。
どう考えても日本の司法は遅れていそうだけど
どうなのだろう。
この問題はまだまだ勉強していきたいと思う所存であります。




2007.06.28(Thu)
年金個人情報提供サービスの
ID・パスワードが届いた。
HPには2週間程度で郵送とあるけれど、
4週間ほどは待ったかな。
やはりてんやわんやの忙しさなのだろう。
しかし単にIDとパスワードを発行するだけで
4週間もかかるかね。
さすが社会保険庁。
そもそもわざわざこちらから請求しなくても
初めから誰もがネットで確認ができるように
加入者全員にIDを与えておけばいいのに。


さて内容だがこれはしっかりしている。
画面には情報の最終更新日、合計加入月数、
取得(喪失)年月日、事業所名などの情報が出る。
さらに国民年金、厚生年金など制度種別ごとの
画面では具体的に何年何月が納付済、未納、免除なのか
といった情報が閲覧できる。
おそらく加入者が必要とする情報は全てここで
閲覧できるだろう。


ネット環境のある人は社会保険庁のHPから
個人情報提供サービスの申し込みをすることを
おすすめする。
これがあれば繋がらない電話に悩まされることもない。
システムが根本的に変わらない限りあと数年は
使えるだろう。
重ね重ね言うけど、これを全ての加入者に
お知らせすべき。
こういう便利なサービスの推進も自治労が反対するのだろうか。


2007.06.22(Fri)
沖縄戦の集団自決に関する教科書検定を巡る
問題で文科省は検定の担当職員を左遷させてしまった。
最悪だ。
文科省が検定が間違いだったと認めたのか。
これで沖縄県民の怒りを沈めて幕引きを図ろうというのか。
こんな及び腰な人達に教科書検定ができるのだろうか。
歴史教科書は国を表す一つの鏡じゃないのか。
それがこんな無様なことに。


沖縄戦末期、いくつかの村落で退路を絶たれた
村民に日本兵が集団自決を命令した、ということから
全てが始まった。
戦後の教科書では「日本兵が集団自決を命令」と
教えてきた。
しかし近年の調査によって信憑性が危ぶまれてきたため
今回の検定では「命令」を削除して「追い込まれた
村民は集団自決」という表現に改められることになった。


曽野綾子の自主的調査が発端になって始まった調査。
今のところの村民、元軍人の証言をまとめると以下。
まず前提として自主的な自決では遺族年金が
出ないということ。
軍命令の自決ならば遺族年金が出るということ。
そこで村長は軍隊長に頼んで軍命令を装って
もらうことにした。
軍隊長は断ろうとしたが、断りきれずに渋々快諾。
わずかな生き残り村民は戦後60年間それを
ひた隠しにしてきたが、真実を話すべきだと
ついに曽野さんらに語ったというの話。


今回の検定後沖縄県民の一部は
「国が歴史を歪曲しようとしている」
などとして猛抗議。
昨日のNHKクローズアップ現代でも全面的に
沖縄県民の視点にのみたった番組構成で
文科省の調査内容については全く言及せずという
一方的な内容だった。


私なりにまとめると確かに軍命令はあった。
しかしそれは村長らが軍に頼んだことなのだ。
だから教科書から「命令」を削除したのは
半分は正解で半分は不正解なのだ。
沖縄県民の一部は「歴史を歪曲」というが
それには当たらない。
新証言の信憑性も含めてまだまだ検討が必要な
段階であって、疑いの域から出ない限りは
教科書に断定調で「命令」とは記述できないのだ。
沖縄の人にはその点もわかってほしい。
彼らは「軍命令は疑いようの無い既知の事実」と
かたく信じているだろうが、なにせ60年以上前の
混乱期のことだから取り扱いは慎重にすべきだ。


文科省は少しクレームが来たくらいでビビり上がって
担当者を左遷してしまった。
今まで中国・韓国の顔色を伺い続けて
近隣諸国条項(中国、韓国にマイナスになることは
教科書に書かないという約束のようなもの)という
国辱的な取り決めまでさせられて、ただでさえ
この国の歴史教科書の検定は異常な状況なのに
ついには国内の一部からのクレームにも
屈してしまった。
エリート官僚様には自分の国への誇りも
自分の仕事への誇りも何もないのだろうか。
こんな連中を国家公務員として生かしておいて
よいのだろうか。
どれだけ事なかれ主義の小心者なのだ。
こういう官僚の態度が特定アジアと国内の
反日勢力にますます燃料を投下することに
なるという単純な分析すらできないのだろうか。
情けなさすぎる。
従軍慰安婦も南京事件も問題の構造は同じ。
頼むからまともな教科書検定が行われる国に
なってほしい。


捨て子ポスト開始
2007.05.10(Thu)
今朝はどこのニュースでも
「赤ちゃんポスト本日正午から運用」と
嬉しそうにやっている。
情けない。
病院前からの生中継でレポーターは
嬉しそうに病院に入口が3つあることなどを
紹介しポストまでのルートを歩いて
みせたりしている。
あぁ情けない。


理事長が各局のインタビューに応える
様子が流れていたけれど、
言っちゃ悪いが頼りなさそうというか
弱々しい感じのじいさんだった。
あまり強い理念があるようには
感じられない。
しきりに相談をしにきて欲しいと
繰り返していた。
ならば匿名OKの相談所でも
作ればよい。
なぜ捨て子助長ポストを?


赤ちゃんを捨てるような保護者が
捨てる前に赤の他人の看護士に
相談するとは思えない。
そもそも相談をしたら捨てるに
捨てられなくなる。
だからバカ親は相談などしない。
その種の連中は自らの養育の義務から
早く解放されたいだけなのだ。
自分本位だから他人に愛情など
抱いていない。
本気で相談に乗りたいのなら
訪れた保護者を捕まえて
無理やりでも椅子に座らせて
相談に乗ってやればいい。
中途半端に犯罪を助長するような
制度は即刻中止すべきだ。
病院は善意の意味を履き違えている。



赤ちゃんポスト完成
2007.05.01(Tue)
ついに熊本市・慈恵病院の赤ちゃんポストが完成した。
パンドラの箱を開けてしまったようなものだ。
厚労省は保護責任者遺棄罪には当たらないという
解釈をしているようだが全くわけがわからない。


生身の赤子を保護者が養育を放棄して第三者に
預けて立ち去ってしまうのだから遺棄そのもの
じゃないか。
一体この慈恵病院の経営者はどういう思想の
持ち主なのか気になる。
こんなものにはホスピタリティ精神の欠片もなく
ただただ無責任で品性下劣な大人の発想だ。
そりゃ確かに経済的な理由などによって
望まれずに生まれた赤子はたくさんいるだろう。
子宝に恵まれず里親になりたいと考えている
カップルもたくさんいるだろう。
一見すれば需給がマッチしているように
見えてくる。


しかし子供の運命をそんな大人の論理で
右から左へスルスルと横流ししてしまって
いいのだろうか。
これは無責任な保護者を増やすだけだ。
姥捨て山ならぬ赤捨て山になる可能性も高い。
それにステンドグラスで保護者の顔を
見えなくしてプライバシーに配慮した
作りになっているという。
なぜ赤子をタバコのポイ捨てくらいにしか
考えられない保護者のプライバシーを
守る必要があるのだ。
その場で名前から指紋から全て調べてやればいい。


何も赤ちゃんの養育まで無人クン方式で
簡単に放棄できるようにしなくていいのに。
その前に相談にのるなり何なり前段階が
あるだろうに。
よりによって赤ちゃんをポイ捨てできる
ポストを病院が作るなんて。
それを国が認めるなんて。
こうなったら市民団体あたりが裁判を起こすなりして
争わないと定着なんてしたら日本の恥が
また増えてしまう。
病院も頼むから考えなおしてくれないかな。


2007.04.26(Thu)
一昨日全国一斉学力テストが終わった。
今までこういうものがなかったのが
不思議な気もするけど。
47年ぶりだとか。
やっぱり教育改革というなら実際の
学生の実力がわからないと意味が無い。


公立では愛知県犬山市だけが不参加。
理由は学校の序列化につながるから。
そんなことを言っても仕方ないと思う。
別に成績優秀校に補助金が出るわけでも
優遇措置がとられるわけでもないのに。
こういう犬山市みたいな発想が日本の
教育をダメにしていると思う。
競争原理、序列化、そして全体主義化、
そしてそして軍国主義化、戦争国家へ。
教育界に巣くう左翼のお花畑の頭の中身は
そんなところだ。


国旗国歌を巡る裁判をみていても思うのだけど
公立教員は公務員だろうがと。
公務員が自らの思想信条に基づいて
職務に就くか就かないかを選択すると
いったことが許されるのだろうか。
国や自治体の方針を理解をして率先し
地域住民を教育していくことが公務員の
勤めではないのか。
公務員になるということはある意味では
上意下達で国や地域の決定に従うことが
前提の存在ではないのか。
そんなに仕事をするのに思想信条を
出したいなら公務員を辞めればいいのだ。
教育界には公務員の本分を勘違いした人が
未だに多いと感じることが多い。


躾がなっとらん
2006.12.10(Sun)
Jリーグの入れ替え戦は神戸の昇格で
幕を閉じた。
それにしてもここ数年昇降格争いに登場するチームは
神戸、福岡、京都、C大阪あたりで
固定され始めている気がする。
ルール通りの結果だから仕方ないが、
もはや常習犯と言える体たらくぶりの
福岡や京都は何とかならないのだろうか。
かつての浦和のようにJリーグのお荷物と
言われても仕方ないのではなかろうか。


図書館に行くと当たり前だけど
子供も来ているわけである。
子供はジッとしていられないし、
図書館なんて退屈なのだろう。
走り回ったり、ギャーギャーと
声を上げたりと。
それを引率する保護者が注意するのかと
思いきや放たらかしですな。
もう図書館か保育所かわからない
くらい騒がしい時があるわけ。


本当に最近の親は親としての
最低限の躾も教育もできていないと思う。
高校生や大学生でも公共の場所で
大声で話したり騒いでる奴が
ザラにいるわけですよ。
本当に親の顔が見てみたいとは
このことだ。
TPOとは上手い事言ったもので
その場その場に合わせた態度と
いうのが取れなければならない。
それを幼少期に躾るのは
親の仕事なのだ。
学校じゃなくて家庭の躾。


どんな子育てをしてやがるのだって
思わせる親が多い。
これからそういう公衆マナーのような
躾は日本から消えていくのだろうか。
今の子供達が親になる頃には
どのような家庭生活が行われるの
だろうか。
あまり明るい未来が見えないのだが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。